日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2020年度 > NHC東北シリーズ2020

2020年11月 7日

2020東北シリーズ 総合成績 発表

DSC_1552 総合優勝:西山隆弘

2位:西川誠人/3位:一條みゆき

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_0271_2 120497433_2881522382078977_1461016662454938638_n DSC_0022_copy_1376x774

今シーズンの東北シリーズはコロナ感染拡大で開幕戦が延期になったが、宮城弁天池で2戦と椎の木湖戦(東北関東合同大会)の計全3大会が開催された。

シリーズ総合優勝は2017年から4年連続で西山隆弘選手。関東在住のときは椎の木湖をホームとし、最終戦の準優勝でトップに躍り出た。

第2位に東北のホープ・西川誠人選手、第3位に女性ながら大奮闘の一條みゆき選手が続きました。

なお、このシリーズから計22名がNHC全国決勝大会『へらぶなクラシック』の出場権を獲得しました。

 

2020-東北総合成績

<NHCへらぶなクラシック2020・ 出場権>

氏名欄の背景が黄色の選手がクラシック出場権獲得者です。

レギュラーシリーズは各大会上位5名と、シリーズ総合成績上位50%に出場権が与えられます。

※シリーズ総合成績の『女性・学生』の上位10名に出場権が与えられます。

※シリーズ総合成績には一般オープン参加選手の成績は含まれていません。

<得点換算方法>

各大会1位に50Pが与えられ、2位・49P、3位・48P・・・ と順位が1つ下がるごとに得点も1Pずつ下がります。

ノーフィッシュの選手には、魚をキープした最下位選手より1P少ない得点が与えられます。

シリーズ総合順位は各大会の得点合計で決定しますが、 同得点の場合はトータル重量が重い選手が上位となり、トータル重量も同じ場合はランキング順となります。

2020年11月 7日 08:20