日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2020年度 > NHC関東シリーズ2020

2020年9月23日

9/22 関東シリーズ第4戦 報告

優勝:山村慎一

DSC_1416 ◎ 令和2年9月22日(祝)/参加者28名

◎ 筑波湖(茨城県)

◎ 特別協賛:へらウキ 士天 / 浜口二郎 / 宮崎順一 / 筑波湖

◎ リポート:泉 和摩 / 写真:田中 哲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_1427 DSC_1377 DSC_1374

DSC_1371 DSC_1428 DSC_1408

ホタチョーでバコベラ攻略。名手・山村慎一選手が優勝!

NHC関東シリーズ第4戦は「バコベラ」で知られる筑波湖で開催されました。

今では恒例になってしまいましたが、受付、ミーティング、表彰式は屋外マスク着用で行われました。

 

DSC_1376 <第1ステージ>

朝、多少の肌寒さを感じるものの絶好の釣り日和に恵まれ、3、4号桟橋奥側両面に28名が並びスタートとなりました。

釣り方は極端に分かれ、長尺底、宙釣りと、短竿天々、浅ダナを選択する選手でほとんどを占めました。

トップをとったのは、山村慎一選手。

9尺ホタチョーはほぼ当たりっきりで唯一5kgオーバーの5,010g。

2位は栗原 健選手。21尺底釣りからの底切りで5枚目に1,260gが入り4,900g。

3位は松岡秀行選手。長尺浅ダナが決まり4,650g。

4kgオーバーが15名という釣れっぷりでした。

 

DSC_1389

<第2ステージ>

日差しはあるものの筑波山からの風でそれほどの暑さはなく快適な後半戦、

トップは9尺ウドンセットの泉 和摩選手で4,890g。

2位は4,720gの同重量で18尺両ダンゴの内島康之選手と、浅ダナの山田 勉選手が並びました。

後半は4kgオーバーが17名となり、バコベラの引きを多くの選手が堪能しました!

 

<総合成績>

優勝は名手・山村慎一選手。前半に今大会最重量をマークし、後半も9尺ホタチョーを通して9,510g! 予想通りの結果となりました。おめでとうございました!!!

準優勝は泉 和摩選手。後半ラスト5枚目に1,310gが来て9,490gでした。

3位は栗原 健選手。前半見つけた21尺底チョイ切り両ダンゴで9,230g。

4位は田中 哲選手。21尺底から入り、底切りやホタチョーで9,010g。

5位は内島康之選手。前後半とも18尺天々両ダンゴで9,000gでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_1357 DSC_1352 DSC_1353 DSC_1354 DSC_1358 DSC_1359

DSC_1360 DSC_1361 DSC_1362 DSC_1363 DSC_1364 DSC_1365

DSC_1366 DSC_1367 DSC_1368 DSC_1369 DSC_1370 DSC_1372

DSC_1373 DSC_1375 DSC_1378 DSC_1379 DSC_1380 DSC_1381

DSC_1382 DSC_1383 DSC_1384 DSC_1385 DSC_1386 DSC_1387

DSC_1390 DSC_1391 DSC_1392 DSC_1393 DSC_1394 DSC_1395

DSC_1396 DSC_1397 DSC_1398 DSC_1399 DSC_1400 DSC_1401

DSC_1402 DSC_1403 DSC_1404 DSC_1405 DSC_1406 DSC_1407

DSC_1411 DSC_1412 DSC_1415 DSC_1418 DSC_1420 DSC_1419

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020-関東-4-つくば湖

◎ステージTOP賞:1st.→山村慎一(5,010g)/2nd.→泉 和摩(4,890g)

◎ビッグフィッシュ賞:泉 和摩(1,310g)

◎ミニマム賞:風太郎(6,430g)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今大会TOP3>

優勝:山村慎一(No.86) DSC_1417

【第1ステージ】

【竿】 10尺

【ウキ】 今野作 (ボディ9cm/PCムクトップ)

【道糸】 東レ ストロングアイ 1.5号

【ハリス・上バリ用】 東レ スーパープロプラス(1.2号/10cm)

【ハリス・下バリ用】 東レ スーパープロプラス(0.8号/30~40cm)

【上バリ】 がまかつ ギガリフト10号

【下バリ】 がまかつ リフト7号

【釣り方】 チョーチンセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 2.5m

【エサの配合・バラケ】 マッハ[800cc] +BBフラッシュ[100cc] +水[200cc]

【エサの配合・食わせ】 魚信[1分包] +水[50cc](※電子レンジで作成)

 

【第2ステージ】

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 お疲れ様でした。ようやくクラシック出場権ゲット出来ました。

いつものこの時期と違いとても涼しく、しかもきれいな筑波山を見ながら楽しく釣りができました。

開始すぐに釣れた1枚目が800g後半のへらでした。これをリリースしましたので900g以上をキープすることが基準になりました。ここでいつも失敗する事が多いのですが、今回はこれが優勝できたポイントの1つだったと思います。

事前情報でホタチョーがいいと聞いていました。また、試釣組の情報でもなんでも釣れるとのことでしたので、ホタチョーを本命にしました。大きいへらは比較的麩エサで釣れることが多いと感じていますが、この日の1.2kgクラスはすべてうどんを食ってきました。途中大型を狙ってトロロも試しましたが、大型は釣れずしかも枚数も釣れない感じでしたのでうどんに戻しました。やはり麩エサに超接近しているのではなく、麩エサから少し距離をとっているのだと感じました。ハリスは30~35cmが一番数を釣る事ができ、ハリス40cmでは数は釣れませんが、大きめのへらが釣れる確率が高かったように思います。

反省するとすれば第2ステージで2枚800g台を入れてしまったことですね。5枚そろえた直後に1.2kgが2枚釣れました。NHCあるあるですね。でも優勝出来ましたのでよしとしたいと思います。

また、よろしくお願いします。

2位:泉 和摩(No.17)DSC_1414

【第1ステージ】 釣り座No.6

【竿】 枯法師 10尺

【ウキ】 全長45cm/トップ24cm/ボディ13cm

【道糸】 1.2号

【ハリス・上バリ用】 0.8号/10cm

【ハリス・下バリ用】 0.6号/35cm

【上バリ】 10号

【下バリ】 6号

【釣り方】 チョーチン/セット釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 300cm

【エサの配合・バラケ】 バラケマッハ[4] + BBフラッシュ[1] +水

【エサの配合・食わせ】 感嘆

 

【第2ステージ】 釣り座No.3

※竿以外はすべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 いつも運営にご協力いただきありがとうございます。

今回は泊まり込み練習の結果が出ました。今後とも宜しくお願いします。

3位:栗原 健(No.47)DSC_1413

 

2020年9月23日 23:13