日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2020年度 > NHC関東シリーズ2020

2020年7月14日

関東シリーズ第2戦 報告

優勝:助川秀樹

DSC_1104 ◎ 令和2年7月12日(日)/参加者29名

◎ 会場:野田幸手園(千葉県)

◎ 特別協賛:野田幸手園/戸井田祐一/へらウキ 士天

◎ リポート:泉 和摩 / 写真:田中 哲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

助川秀樹選手のホタチョウがペレ宙組を撃破!

DSC_1114 DSC_1035

DSC_1106 DSC_1023

 

7月12日、NHC関東シリーズ第2戦は野田幸手園で開催されました。

第1戦が新型コロナの影響で延期になり、その代替開催地を決めるのが非常に難しい中、野田幸手園様に快く迎い入れていただきました。

さらに竹桟橋を貸し切りにしていただいたおかげで一席空けの座席となり、新型コロナ対策もあって参加者29名でゆったりと試合ができました。

野田幸手園様のご厚意に感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

 

<第1ステージ>

梅雨の晴れ間に当たり、一日雨の心配はなさそう。それよりも蒸し暑くて熱中症の心配が!

試釣組からは長尺と底釣りは良くないという噂は流れ、中短尺のペレ宙、ヒゲセットを選択する選手が大半を占めました。

その中、トップをとったのは助川秀樹選手。驚きのホタチョウで4,390g。

2位は戸井田祐一選手。ヒゲセットから入って4,120g。

3位は橋本政幸選手。14尺ペレ宙で4,050g。

 

DSC_1084

<第2ステージ>

この釣り場、この季節は午後に向かって釣果が伸びる傾向があると常連さんが・・・。

トップをとったのは静野圭一選手。ペレ宙で今大会最重量の4,660g。

2位の三沢成彦選手(4,540g)、3位の浜口二郎選手(4,360g)もペレ宙でした。

前半4kg越えは3名。後半は常連さんの言葉通り4kg越え13名と抜群に楽しめた釣果となりました。

 

<総合成績>

優勝は助川秀樹選手。前後半とも9尺ホタチョウを通し、8,630gでペレ宙軍団を見ごとに撃破! おめでとうございました。

準優勝は三沢成彦選手。14尺ペレ宙でまくり8,530g。

3位は静野圭一選手。15尺ペレ宙で今大会最重量でまくり8,520g。

4位は戸井田祐一選手。後半ペレ宙、前後半ともに安定の4kg越えの8,430g。

5位は浜口二郎選手。悩みながらのペレ宙で8,190gでした。

次回のシリーズ第3戦は、8月2日(日)、三和新池が会場です。

奮ってご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_1020 DSC_1021 DSC_1022 DSC_1024 DSC_1025 DSC_1026

DSC_1027 DSC_1028 DSC_1029 DSC_1030 DSC_1031 DSC_1034

DSC_1036 DSC_1037 DSC_1038 DSC_1039 DSC_1040 DSC_1041

DSC_1042 DSC_1043 DSC_1046 DSC_1048 DSC_1049 DSC_1050

DSC_1051 DSC_1052 DSC_1053 DSC_1054 DSC_1055 DSC_1056

DSC_1057 DSC_1058 DSC_1059 DSC_1060 DSC_1061 DSC_1062

DSC_1065 DSC_1066 DSC_1067 DSC_1069 DSC_1070 DSC_1071

DSC_1072 DSC_1073 DSC_1074 DSC_1075 DSC_1076 DSC_1077

DSC_1078 DSC_1079 DSC_1080 DSC_1081 DSC_1082 DSC_1083

DSC_1084 DSC_1085 DSC_1086 DSC_1087 DSC_1089 DSC_1090

DSC_1091 DSC_1092 DSC_1093 DSC_1111 DSC_1110 DSC_1109

DSC_1108 DSC_1100 DSC_1101 DSC_1099 DSC_1095 DSC_1097

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020-関東-2-幸手園

◎ステージTOP賞:1st.→助川秀樹(4,390g)/2nd.→静野圭一(4,660g)

◎ビッグフィッシュ賞:松岡秀行(1,400g)

◎ミニマム賞:加藤英司(5,750g)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今大会のTOP3>

DSC_1104
優勝:助川秀樹(No.59)

【第1ステージ】 釣り座No.15

【竿】 嵐月 9尺

【ウキ】 レッド作(全長41.5cm/トップ23.5cm/ボディ9cm)

【道糸】 バリバス 1.5号

【ハリス・上バリ用】 0.8号/10cm

【ハリス・下バリ用】 0.8号/27cm

【上バリ】 バラサ 9号

【下バリ】 リグル 8号

【釣り方】 チョーチンセット釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 225cm

【エサの配合・バラケ】 マッハ[3.5] + 段バラ[0.5] + BB[1] + 水[1]

【エサの配合・食わせ】 魚信

 

【第2ステージ】 釣り座No.7

【ハリス・上バリ用】 0.8号/10cm

【ハリス・下バリ用】 0.8号/23cm

※ハリスの長さ以外は第1ステージと同じ。

DSC_1103
準優勝:三沢成彦(No.84)

【第1ステージ】 

【竿】 14尺

【ウキ】 鏡月作(全長22cm/トップ10cm/ボディ7cm)

【道糸】 東レ 1.2号

【ハリス・上バリ用】 東レ 0.7号/35cm

【ハリス・下バリ用】 東レ 0.7号/50cm

【上バリ】 ダンゴヒネリ 7号

【下バリ】 ダンゴヒネリ 7号

【釣り方】 メーターペレ宙

【ウキ~オモリまでの長さ】 100cm

【エサの配合】 ペレ宙[1] + ライト[1] + 泡付2号[2] + 水[1]

 

【第2ステージ】

【エサの配合】 ペレ宙[2] + 泡付2号[2] + 水[1]

※エサの配合以外はすべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 参加選手の皆さん、お疲れさまでした。

DSC_1102
3位:静野圭一(No.70)

【第1ステージ】 釣り座No.14

【竿】 9尺

【ウキ】 クルージャン 漆 ASAB5.5cm パイプトップ

【道糸】 1号

【ハリス・上バリ用】 0.6号/8cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/13cm

【上バリ】 極ヤラズ6号

【下バリ】 ダンゴヒネリ5号

【釣り方】 ヒゲトロセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 1m

【エサの配合・バラケ】 マッハ[200cc] + 軽麩[100cc] + パウダーベイトスーパーセット[100cc] +水[100cc] ※基エサの状態で30回ほどかき混ぜてから使用。

【エサの配合・食わせ】 ヒゲトロ

 

【第2ステージ】 釣り座No.11

【竿】 15尺

【ウキ】 クルージャン 漆黒 DAG B9cm 中太パイプ

【道糸】 1号

【ハリス・上バリ用】 0.6号/25cm

【ハリス・下バリ用】 0.6号/35cm

【上バリ】 極関スレ 8号

【下バリ】 極関スレ 8号

【釣り方】 ペレ宙

【ウキ~オモリまでの長さ】 1.3m程度

【エサの配合】 ペレ軽[200cc] + 軽麩[100cc] + BBフラッシュ[100cc] +水[100cc] +後から「ペレ道」で重さ調整。

 

【コメント】 数年ぶりの大会参加、やっぱり、昔と変わらない雰囲気の良さに気持ちよく釣りができました。運営に携わってくれている方々、いつもありがとうございます。

来月は暑くなりそうですが、参加者みんなで盛り上げていけたらと思います。


2020年7月14日 00:45