日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント

2020年3月21日

ウインター北関東 第3戦 報告

優勝:浜口二郎

DSC_0729 ◎ 令和2年3月20日(祝)/参加者30名

◎ 会場:武蔵の池(埼玉県)

 

◎ 協賛:がまかつ/サンライン/達人/ハヤブサ/松岡釣具MFC/

マルキユー/モーリス/Gうどん本舗/へらウキ 士天

◎ リポート:泉 和摩 / ◎写真:田中 哲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この春から解禁のカッツケでグッドサイズ

爆風を克服して浜口二郎選手が優勝!

シリーズチャンピオンは太田武敏選手に決定!

DSC_0730 DSC_0733

ウインター北関東シリーズ最終戦は3月20日、さいたまの武蔵の池で開催されました。

このご時世のため、朝の受付、表彰式は屋外で行い、全員マスク着用で臨み、「釣っても釣れなくても騒がないこと」を念頭に中央桟橋東側両面に30名が並びました。

 

<第1ステージ>

朝からまたしても新型コロナも吹き飛ぶ爆風下でのスタート!DSC_0720

「ほんとに釣り出来るのでしょうか?」という方向が定まらない爆風。

釣り方は天々と春でも実績のある段底を選択する選手が多かったです。

その中、同重量(3,530g)でトップをとったのは、7尺カッツケの浜口二郎選手と、8尺天々セットの内島康之選手でした。

3位は7尺カッツケで3,460gの伊藤泡舟選手でした。

 

<第2ステージ>

後半に突入しても「風は気持ち収まったかな?」程度でまだまだ吹き荒れました。

ただ、風向きが定まってきたので、風裏は少し平和になりました。

トップを取ったのは前半戦お仕事で欠席だった宮崎順一選手。7尺天々での今大会最重量(3,930g)の大爆釣!

2位は7尺カッツケで3,680gの鈴木良太選手。

3位はこれまた7尺カッツケで本領発揮の太田武敏選手が3,500gでした。

 

<総合成績>

優勝は浜口二郎選手。後半も7尺カッツケでまとめ(3,370g)、見ごと爆風の中6,900gで勝利しました。

おめでとうございました!!!

準優勝は伊藤泡舟選手。同じく7尺カッツケで6,880g。トップとは20g差でした。

3位は鈴木良太選手。後半まくり6,660g。クラシックの権利を得ました。

4位は伊藤幸子選手。前半7尺天々、後半カッツケで6,650g。ご夫婦揃ってのお立ち台でした。

5位は内島康之選手。後半は8尺カッツケでまとめ、6,650gとゼッケン負けの同重量でした。

ここ武蔵の池は3月よりメーター規定がなくなり、最初の春となったためか「カッツケ強し」という結果でした。

なお、シリーズ総合成績は、暫定2位につけていた浜口二郎選手の猛追をかわし、太田武敏選手が2位と1P差でトップ。北関東シリーズのチャンピオンに輝きました。

 

DSC_0726 DSC_0725 DSC_0727 DSC_0728 DSC_0729

DSC_0721 DSC_0722 DSC_0723 DSC_0724 DSC_0731

 

2020ウインター北関東第3戦

◎ステージTOP賞:1st.→浜口二郎(3,530g)/2nd.→宮崎順一(3,930g)

◎ビッグフィッシュ賞:木本 諭 & 加藤英司(1,080g)

◎ミニマム賞:内島康之(6,650g)

◎レディース賞:伊藤幸子(6,650g)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今大会のTOP3>

DSC_0729

 

優勝:浜口二郎 (No.38)

【第1ステージ】 釣り座No.72

【竿】 7尺

【ウキ】 ボディ3.5cm/細パイプトップ

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 0.6号/6cm

【ハリス・下バリ用】 0.4号/35cm

【上バリ】 アラシ4号

【下バリ】 クワセマスター3号 

【釣り方】 カッツケ セット釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 30cm

【エサの配合・バラケ】 粒戦[1] +細粒[0.5] + とろスイミー[0.5] +水[2] +グルバラ[1] +マッハ[1] +セット専用[1]

【エサの配合・食わせ】 力玉大粒(サナギ粉漬け)

 

【第2ステージ】 釣り座No.80

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 強風の中お疲れ様でした。

練習に2回入り、カッツケに絞って試合に臨みました。

午前は風裏で魚を選べましたが、午後は向かい風にめげて5枚全入れとしました。

レギュラーシリーズもよろしくお願いします。

DSC_0728

 

2位:伊藤泡舟 (No.9)

【第1ステージ】

【竿】 ダイワ 月光 柔 7尺

【ウキ】 クルージャン WAP-035 ボディ3.5cm

【道糸】東レ フロロG (0.7号)

【ハリス・上バリ用】 東レ TYPEⅡ (0.4号/8cm)

【ハリス・下バリ用】 東レ TYPEⅡ (0.3号/40cm)

【上バリ】 がまかつ ヤラズ6号

【下バリ】 がまかつ イブキ0.5号

【釣り方】 浅ダナ セット釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 50cm

【エサの配合・バラケ】 粒戦[1] + 細粒[0.5] + セットガン[1] + 水[2] ・・・+ 段底[1] + セット専用[1]

【エサの配合・食わせ】 感嘆[1] + 水[1]

 

【第2ステージ】

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 今からクラシックが楽しみです!

DSC_0727
 3位:鈴木良太
(No.23)

【第1ステージ】 釣り座No.61

【竿】 12尺 → 8尺

【ウキ】 自作カヤウキ(細PC/ボディ4cm)

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.4号/7cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/40cm

【上バリ】 5号

【下バリ】 2号

【釣り方】 カッツケ

【ウキ~オモリまでの長さ】 50cm

【エサの配合・バラケ】 粒戦[0.5] +細粒[0.5] +とろスイミー[0.5] +水[2] +底バラ[1] +段底

【エサの配合・食わせ】 力玉(小)

 

【第2ステージ】 釣り座No.87

【竿】 8尺

【ウキ】 自作カヤウキ(細PC/ボディ4cm)

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.4号/7cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/45cm → 35cm

【上バリ】 5号

【下バリ】 2号

【釣り方】 カッツケ

【ウキ~オモリまでの長さ】 50cm

【エサの配合・バラケ】 粒戦[0.5] +細粒[0.5] +とろスイミー[0.5] +水[2] +底バラ[1] +浅ダナ1本[1]

【エサの配合・食わせ】 感嘆

 

【コメント】  参加選手の皆さん、お疲れさまでした。

クラシックぶりの釣りでしたが、武蔵ということで段底か浅ダナに絞って臨みました。

1st.ステージ は最初に段底から入り、1枚釣るも続かずカッツケにチェンジ。7尺で始めましたが、何匹目かで折れてしまい、8尺へチェンジ。全入れでした。

2nd.ステージは北向きで向かい風全開でしたが、迷うことなくカッツケを通し、ポツリポツリと拾って何とか5枚でした。

ウインター最終戦にやっと参加できて、なんとかクラシック権利ゲットできてよかったです。

2020年3月21日 13:49