日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント

2020年2月13日

ウインター北関東 第2戦報告

優勝:太田武敏

DSC_0644 ◎ 令和2年2月11日(祝)/参加者24名

◎ 会場:隼人大池(埼玉県)

 

◎ 協賛:がまかつ/サンライン/達人/ハヤブサ/松岡釣具MFC/

マルキユー/モーリス/Gうどん本舗/へらウキ 士天

◎ リポート:泉 和摩 / ◎写真:田中 哲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_0646 DSC_0608

DSC_0605 DSC_0633 DSC_0658

 

真冬の段底大会を制したのは名手・太田武敏選手!

DSC_0609 <第1ステージ>

天候は晴れ、予報では穏やかな一日となると・・・。

厳寒期、皆大それた期待を持たず、ひたすら全入れ5枚を目標にスタート!

釣り方は、圧倒的に定番である段底が大多数を占めまるでの段底大会のようでした。

前半のトップを取ったのは太田武敏選手。10尺段底で4枚ながら1,200gが入って3,600g。

2位は宮崎順一選手。同じく10尺段底、4枚で3,210g。

3位は助川秀樹選手。10尺段底でキロフィッシュ2枚の2,320gでした。

前半戦は途中から強風が巻き始め、ウキが安定しない影響もあってリミット達成者はいませんでした。

 

DSC_0632 <第2ステージ>

風がおさまらないまま後半戦へ。この池は日が出て水が温まった午後から釣果が上向くことが多く、出遅れた選手も逆転を狙って気合が入ります。

それを裏付けるようにキロオーバーが口を使うようになり、1,950gのビッグフィッシュも飛び出しました。

トップを取ったのは助川秀樹選手。1,290gを含めダントツの5枚4,460gでした。

2位は静野圭一選手。セッティングが決まり、十数枚の釣果で3,580g。

3位は太田武敏選手。またしても4枚ながら大型が入り、3,360gでした。

 

DSC_0626 <総合成績>

優勝は太田武敏選手。おめでとうございます!

前半1位、後半3位、8枚ながら6,960gで真冬の隼人大池を制しました。

準優勝は助川秀樹選手。後半大会最重量で大まくり。6,780gをキープしました。

3位は宮崎順一選手。前後半4枚で手堅くまとめて5,810g。

4位は静野圭一選手。見ごとなまくりで5,460g。

5位は田口雄二選手。前日の練習でつかみ、4,320gで入賞でした。

釣り方は上位選手全員が段底。サワリが出たときに如何に待てるかがキモだったようです。

ビッグフィッシュ賞は鈴木 誠選手が獲得しました。

 

DSC_0599 DSC_0600 DSC_0601 DSC_0602 DSC_0603 DSC_0604

DSC_0606 DSC_0607 DSC_0610 DSC_0611 DSC_0612 DSC_0613

DSC_0614 DSC_0615 DSC_0616 DSC_0617 DSC_0618 DSC_0619

DSC_0620 DSC_0623 DSC_0624 DSC_0625 DSC_0627 DSC_0628

DSC_0629 DSC_0630 DSC_0631 DSC_0632 DSC_0634 DSC_0635

DSC_0636 DSC_0637 DSC_0638 DSC_0639 DSC_0640 DSC_0644

DSC_0622 DSC_0647 DSC_0648 DSC_0653 DSC_0654 DSC_0655

 

 2020-ウインター北関東第2戦

◎ステージTOP賞:1st.→太田武敏(3,600g)/2nd.→助川秀樹(4,460g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位:鈴木 誠(1,950g)/2位:伊藤泡舟(1,410g)/3位:助川秀樹(1,290g)

◎レディース賞:伊藤幸子(1,780g)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今大会のTOP3>

優勝:太田武敏(No.40)DSC_0651

【第1ステージ】 釣り座No.1

【竿】 竿春きよ志 本造り10尺 → 竿春きよ志 竹冠11尺

【ウキ】 藍舟段差の底釣りPC No.1

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.4号/8cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/55~50cm

【上バリ】 ハヤブサ 鬼掛 鋒6号

【下バリ】 ハヤブサ 鬼掛 喰わせヒネリ3号/4号

【釣り方】 段差の底釣り(抜きセット)

【エサの配合・バラケ】 荒粒ペレット[50cc] + 細粒プロテイン[50cc] + ダンゴの底釣り夏[50cc] + 水[200cc] +荒麩バラケ200cc+段底200cc(その後ペレット追い足し)

【エサの配合・食わせ】 食わせ:粘軽うどん(さなぎ粉入り)

 

【第2ステージ】 釣り座No.21

【竿】 竿春きよ志 竹冠11尺

※竿以外は第1ステージと同じ。

 

【コメント】 隼人大池での作戦はノーマルの段底で様子を見ながら、釣り方をシフトしていくことでした。その結果、ペレット顆粒を入れた抜き系段底が大型を狙えることに気づき一日通しました。

ウインター第二戦で優勝できてとても嬉しいです。

私を支えてくださる各スポンサー様のおかげで優勝することが出来ました。次戦も優勝目指して頑張りたいと思います。

2位:助川秀樹DSC_0652

【第1ステージ】

【竿】 皆空 10尺

【ウキ】 ボディ10cm

【道糸】 バリバス 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/15cm

【ハリス・下バリ用】 0.4号/65cm

【上バリ】 バラサ 5号

【下バリ】 角マルチ 3号

【釣り方】 段差の底釣り

【エサの配合・バラケ】 細粒[50cc] + ダンゴの夏[50cc] + 段底[200cc] + 水[150cc] + BB[100cc]

【エサの配合・食わせ】 タピ匠

 

【第2ステージ】

【ウキ】 ボディ9cm

【ハリス・上バリ用】 0.5号/15cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/65cm

※ウキとハリス以外は第1ステージと同じ。

3位:宮崎順一(No.21)DSC_0649

【第1ステージ】

【竿】 10尺

【ウキ】 PC ボディ8cm

【道糸】 フロロ 0.7号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/12cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/75cm

【上バリ】 7号

【下バリ】 4号

【釣り方】 段差の底釣り

【エサの配合・バラケ】 粒戦[50cc] + 細粒[25cc] + 段底[200cc] + セット専用バラケ[100cc] + パウダーベイトセット[50cc] + 水[100cc]

【エサの配合・食わせ】 力玉(大)、ハードⅡ

 

【第2ステージ】

【竿】 11尺

【ウキ】 PC ボディ9cm

【道糸】 ナイロン 0.8号

※以下は第1ステージと同じ。

 

【コメント】 食い渋りの中、参加の皆様お疲れさまでした。

2020年2月13日 12:50