日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント

2019年12月23日

ウインター関東合同大会報告

優勝:三浦輝道

DSC_0484 ◎ 令和元年12月21日(土)/参加者25名

◎ 会場:清遊湖(千葉県)

 

◎ 協賛:がまかつ/サンライン/達人/ハヤブサ/松岡釣具MFC/マルキユー/

モーリス/Gうどん本舗/へらウキ 士天/尾作博樹/佐藤真理

◎ リポート:泉 和摩/写真:田中 哲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

DSC_0452 DSC_0486 DSC_0492

DSC_0438 DSC_0436 DSC_0464

 

10尺天々、キロフィッシュ締め! 三浦輝道選手が開幕戦を制覇!

 

NHC関東地区のウインターシリーズ開幕戦は「北関東」と「南関東」合同で開催しました。

会場となった清遊湖さんのご協力で、西桟橋に参加者25名が並びました。

試釣組からはキロクラスの新ベラを含め、かなり景気の良い情報がありったことから4kg越えも期待されました。

 

DSC_0435 <第1ステージ>

天気予報は曇りのち晴れ。それほどの冷え込みもなく、無風で 快適な試合かと思われたが・・・、スタートの合図とともに予期せぬ雨が降り始め、桟橋は雨具の用意で大騒ぎになりました。

釣り方はもちろん新ベラ狙いの中尺の段底、長尺のグル底を選択する選手が多く、天々、カッツケが続きます。

トップを取ったのはやはり13尺段底の太田武敏選手(3,160g)。

2位は三浦輝道選手。段底と天々を駆使して3,000g。

3位は浜口二郎選手。12尺段底で2,990g。

 

DSC_0470 <第2ステージ>

前半戦は前評判の4kgどころか3kg台がやっと2人。

困ったときのカッツケもイマイチと食い渋りに見舞われ、釣り方や仕掛けを調整しての後半戦。

雨はかろうじて止みましたが、釣果は上向かず・・・。

トップを取ったのは三浦輝道選手。10尺天々セットでキロフィッシュを含め3,190g。

2位は田中 哲選手。前半1枚足らず13尺段底で巻き返しての2,990g。

3位は栗原 健選手。沖段底から8尺天々セットで2,830gでした。

 

<総合成績 >

優勝は三浦輝道選手。 前半2位、後半5枚目がキロフィッシュという理想的な試合展開でトップを取り、 激シブを制して唯一6kg越えの6,220g。おめでとうございました!!!

準優勝は木内康志選手。前半6位、後半4位と11尺天々セットを駆使。安定した成績で5,630g。

3位は太田武敏選手。前半トップでこのまま優勝かと思われましたが、後半に伸び悩みました。しかし、苦しんだ段底を諦め、最後はカッツケでリミットメイク(5,550g) !

4位は浜口二郎選手。前半段底、後半10尺天々セットに変更して5,350g。

5位は栗原健選手。前後半とも底釣りから8尺天々セットに切り替えてのリミットメイク(5,280g)でした。

DSC_0432 DSC_0433 DSC_0434 DSC_0437 DSC_0439 DSC_0440

DSC_0441 DSC_0442 DSC_0443 DSC_0444 DSC_0445 DSC_0446

DSC_0447 DSC_0448 DSC_0449 DSC_0450 DSC_0451 DSC_0453

DSC_0454 DSC_0455 DSC_0456 DSC_0457 DSC_0458 DSC_0459

DSC_0460 DSC_0461 DSC_0462 DSC_0463 DSC_0465 DSC_0466

DSC_0467 DSC_0468 DSC_0469 DSC_0471 DSC_0472 DSC_0473

DSC_0474 DSC_0475 DSC_0476 DSC_0477 DSC_0478 DSC_0479

DSC_0480 DSC_0481 DSC_0491 DSC_0490 DSC_0489 DSC_0488

2020ウインター関東第1戦(合同大会)

◎ステージTOP賞:1st.→太田武敏(3,160g)/2nd.→三浦輝道(3,190g)

◎ビッグフィッシュ賞:近江純治(1,030g)

◎ミニマム賞:町田武州男(4,260g)

◎レディース賞:森 弘子(4,440g)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今大会のTOP3>

優勝:三浦輝道(No.10) DSC_0484

【第1ステージ】 釣り座No.20

【竿】 10尺

【ウキ】 全長30cm/トップ15cm/ボディ6cm

【道糸】 サンライン 奏 0.6号

【ハリス・上バリ用】 サンライン 奏 0.6号/8cm

【ハリス・下バリ用】 サンライン 奏 0.3号/40cm

【上バリ】 アラシ 8号

【下バリ】 ストロングストレート 1号

【釣り方】 チョーチン セット釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 270cm

【エサの配合・バラケ】 粒戦[0.5] + 細粒[0.5] + とろスイミー[0.5] + セットガン[1] + 水[1.5] + セット専用[1] + セット専用[1] + セットアップ[1]

【エサの配合・食わせ】 サナギ玉(大粒・小粒)

 

【第2ステージ】 釣り座No.7

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 参加選手の皆さん、寒くて雨が降る中、大変お疲れさまでした。

序盤は前週の試釣で爆釣したという情報に惑わされ、少し焦りましたが、冷静に釣りを組み立てていきました。後半に釣れたキロオーバーで約3年ぶりに優勝することができました。

ニロちゃん、かぶせてゴメンナサーイ!!

2位:木内康志(No.6)  DSC_0483

【第1ステージ】

【竿】 11尺

【ウキ】 全長36cm/グラスムクトップ18.5cm/ボディ7.5cm

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/8cm

【ハリス・下バリ用】 0.4号/50cm

【上バリ】 8号

【下バリ】 2号

【釣り方】 チョーチンセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 300cm

【エサの配合・バラケ】 とろスイミー[50cc] +粒戦[100cc] +水[200cc] +サナギパワー[200cc] +セット専用[200cc] +スーパーセット[200cc]

【エサの配合・食わせ】 力玉ハードⅡ

 

【第2ステージ】

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 冷たい雨の中、お疲れさまでした。

3位:太田武敏(No.40)DSC_0482

【第1ステージ】

【竿】 13尺

【ウキ】 藍舟(あいしゅう)ヘラウキ 段差の底釣り・PCムクトップNo.5

【道糸】 0.7号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/8cm

【ハリス・下バリ用】 0.35号/50cm

【上バリ】 極めヤラズ 7号

【下バリ】 喰わせヒネリ 4号

【釣り方】 段差の底釣り

【エサの配合・バラケ】 ペレット[1] + とろスイミー[0.5] + ダンゴの底釣り夏[0.5] + 水[2]・・・数分放置・・・+段底[2] +セット専用バラケ[2]

【エサの配合・食わせ】 粘軽うどん +さなぎ粉(即席うどん)

 

【第2ステージ】

【竿】 8尺

【ウキ】 一志モアスリム3番

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.4号/8cm

【ハリス・下バリ用】 0.35号/30cm

【上バリ】 極ヤラズ 6号

【下バリ】 極ヤラズ ストロングストレート2号

【釣り方】 カッツケ/セット釣り

【エサの配合・バラケ】 セットアップ[1・山盛り] + セットガン[1・山盛り] + セット専用バラケ[1・山盛り] +水[1]

【エサの配合・食わせ】 粘軽うどん +さなぎ粉(即席うどん)

 

【コメント】 ウインターシリーズ第1戦ということで前週にプラを行い、このときは段底で思った以上に型が揃いました。今回はこの釣りがメインになるどろうと大会本番に臨みました。

しかし、第1ステージでトップウェイトを出せたものの、第2ステージは苦戦を強いられました。残り50分前に8尺カッツケセットに切りかえ、全部入れて5枚をキープ。かろうじて揃えることができました。

初戦で3位に入れてうれしいです。次回もがんばります。


2019年12月23日 09:48