日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2019年度 > NHC関西シリーズ2019

2019年10月17日

関西シリーズ第4戦 報告

優勝:許斐昂明

RIMG0702

◎ 令和元年10月14日(祝)/参加者25名

◎ 会場:甲南へらの池(滋賀県)

◎ 協賛:木戸裕二

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じっくり攻めるグル底で許斐昂明選手が最終戦制覇。

シリーズ総合優勝は後藤田義臣選手に決定!

RIMG0698 RIMG0694 RIMG0701

RIMG0697 RIMG0691 RIMG0668

 

NHC関西シリーズの最終戦となった今大会。会場は甲南へらの池。

台風一過の秋晴れを期待したが、朝から雨が降ったり止んだりの生憎の天候になった。

 

<第1ステージ>RIMG0676

新べら放流前のこの時期は魚のコンディションが低下する。サイズ選びが難しくなるなる中で美形のグッドサイズを揃えたのが許斐昂明選手。

釣り方はしっかりとしたタッチの両グルテン底釣り(15尺・ハリス50-58cm)。打ち返しのテンポが早くならないように気を付けながら、たまにペレ床系のダンゴを打ってアタリを継続させた。

許斐選手は2位に530gの差を付け、唯一の3kg台(3,230g)をマークした。

前半2位は得意の段底で2,700gをキープした森田裕之選手。

3位にはチョーチンセットを極める南 郁子選手が2,550gで続いた。

 

<第2ステージ>

状況は前半と変わらなかったが、後半にウエイトを伸ばしたのは前半に苦戦した選手たちだった。

後半トップは天々両ダンゴの佐藤順一選手で、前半の許斐選手を上回る3,260gをマーク。

2位は鈴木千秋選手(2,850g)、3位は若林真也選手(2,690g)が続いた。

 

<総合成績>

トータルウエイトのトップは、前半1位、後半も2,510g(5位)をキープして5,740gをマークした許斐昂明選手。両グルの底釣り戦略が決まり、開幕戦に続いての今期2勝目となった。

準優勝は段底で安定したスコアを残した森田裕之選手(5,200g)。

3位は今シーズン好調を持続した南 郁子選手(5,180g)だった。

なお、シリーズ総合優勝を飾ったのは、今大会8位でフィニッシュした後藤田義臣選手だった。

 

RIMG0668 RIMG0669 RIMG0670 RIMG0671 RIMG0674 RIMG0678

RIMG0679 RIMG0681 RIMG0683 RIMG0684 RIMG0685 RIMG0686

RIMG0675 RIMG0689 RIMG0692 RIMG0693 IMG_2506


2019-関西第4戦

◎ステージTOP賞:1st.→許斐昂明(3,230g)/2nd.→佐藤順一(3,260g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・佐藤順一(1,290g)/2位・若林真也(1,010g)/3位・伊藤正弘(990g)

◎ミニマム賞:北田潤八(2,890g)

 

優勝:許斐昂明(No.12)RIMG0702

【第1ステージ】 釣り座No.15

【竿】 15尺

【ウキ】 G-Model オールマイティパイプ(ボディ16.5cm)

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/50cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/58cm

【上バリ】 鬼掛 鋒5号

【下バリ】 鬼掛 鋒5号

【釣り方】 バランス床釣り

【エサの配合】 新べらグルテン底[20cc] + アルファ[20cc] + 水[30~40cc] 

※アタリが遠い時は両ダンゴ(ペレ道つなぎグルテン)も使用。

 

【第2ステージ】 釣り座No.14

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 釣っても釣っても300~400gの超金太郎飴状態で苦労しました。

アベレージサイズのアタリをなるべく出さないようにエサ打ちペースに緩急をつけ、マメにグルテンの水量を変更。ダンゴをたまに打ってみたりと目先を変えながら何とか良いサイズを選んで釣ることができました。

ザルガニは4匹ゲットです。YES! G-Model!

2位:森田裕之(No.3)RIMG0703

【第1ステージ】 釣り座No.5

【竿】 11尺

【ウキ】 ボディ10cm (PCトップ)

【道糸】 サンライン へらびと 1号

【ハリス・上バリ用】 サンライイン 奏(0.6号/8cm)

【ハリス・下バリ用】 サンライイン 奏(0.4号/60cm)

【上バリ】 鬼掛 極ヤラズ 7号

【下バリ】 バリバス オカメ 4号

【釣り方】 いつもの段底

【ウキ~オモリまでの長さ】 3.3m

【エサの配合・バラケ】 粒戦 + 粒戦細粒 + とろスイミー + セットガン + 水 + 底バラ + スーパーダンゴ

【エサの配合・食わせ】 Yes! Gうどん

 

【第2ステージ】 釣り座No.27

【竿】 12尺

【ウキ】 ボディ12cm PCトップ

【道糸】 サンライン へらびと 1号

【ハリス・上バリ用】 サンライイン 奏(0.6号/8cm)

【ハリス・下バリ用】 サンライイン 奏(0.4号/50cm)

【上バリ】 鬼掛 極ヤラズ 7号

【下バリ】 バリバス オカメ 4号

【釣り方】 いつもの段底

【エサの配合】 ※第1ステージと同じ。

 

【コメント】 ん~~~、打倒ユノミコウメイ!!

3位:南 郁子(No.86)RIMG0704

【第1ステージ】 釣り座No.1

【竿】 飛翔天 7尺

【ウキ】 グラスムクトップ(全長45cm/トップ30cm/ボディ8cm)

【道糸】 サンライン 奏 1.2号

【ハリス・上バリ用】 サンライン 奏(0.8号/8cm)

【ハリス・下バリ用】 サンライン 奏(0.6号/30cm)

【上バリ】 アスカ 9号

【下バリ】 クワセマスター 3号

【釣り方】 チョーチン セット

【エサの配合・バラケ】 粒戦[200cc] + 細粒[200cc] + セットガン[200cc] + 水[400cc] + セットアップ[200cc] + セット専用[200cc]

【エサの配合・食わせ】 力玉ハードⅡ/力玉(小)

 

【第2ステージ】 釣り座No.18

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 小雨の降る中、魚がワキワキになって厳しい状況が続きました。型がいい魚がポロポロと混じってきて、うまく5匹揃えることができました。難しい釣りだったけど、楽しかったです。

2019年10月17日 05:02