日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2019年度 > NHC関東シリーズ2019

2019年7月17日

関東シリーズ第3戦 報告

優勝:夏目俊希(祝・初優勝!)

1563231493262 ◎ 令和元年7月15日(祝)/参加者22名

◎ 会場:三和新池(茨城県)

◎ 協賛:へらウキ 士天 / ◎ リポート:泉 和摩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1563232113983 1563183015053 1563182341755

1563232120323

16尺のヒゲトロ作戦大成功。

夏目俊希選手がNHC初優勝!

 

7月15日(海の日)に開催されたNHC関東シリーズ第3戦。

会場は茨城県三和新池。東桟橋両面に22名が並びました。

 

<第1ステージ>

小雨の中のスタートとなりましたが、雨はしばらくすると上がり、涼しい中での熱戦となりました。

長尺ペレ宙、底釣り、短竿天々、浅ダナが主な釣り方となりました。

トップを取ったのは夏目俊希選手。キロフィッシュ含めた唯一の3kg台(3,080g)。

16尺ヒゲセットでした。

2位は宮崎順一選手、16尺ペレ底で2,850g。

3位は泉 和摩選手、8尺天々両ダンゴで2,570gでした。

1563232133874

 

<第2ステージ>

一瞬日が差し蒸し暑くなった後半戦。前回の谷養魚場戦と同様に『500g×5=2500g』が一つの壁で、3kg越えはビッグフィッシュ頼みの模様。

後半戦をぶっちぎったのは大岡宏直選手。

9尺天々両ダンゴでキロフィッシュ含め、今大会最重量の3,170g。

2位は三浦輝道選手。8尺ヒゲセットがさく裂して2,900g。

3位は栗原 健選手。9尺メーター両ダンゴで2,680gでした。

 

<総合成績>

優勝は夏目俊希選手。16尺ヒゲセットをやりきり後半戦も2,500g以上をキープ。

トータル5,630gで逃げ切ってNHC初優勝を勝ち取りました。おめでとうございました!

準優勝は初参加の大岡宏直選手。後半に9尺天々両ダンゴでまくって5,600g。惜しくもトップと30g差でした。

3位は三浦輝道選手。底釣りとヒゲセットを駆使して5,180gでした。

4位は田中 哲選手。前半8尺、後半11尺ヒゲセットで4,980g。

5位は同重量ゼッケン負けの泉 和摩選手。前半8尺両ダンゴ、後半8尺ヒゲセットでした。

 

1563232017319 1563232023402 1563232029295 1563232035206 1563232040628 1563232047343 1563232053511

1563232059355 1563232065043 1563232072199 1563232079647 1563232086113 1563232093450 1563232099181

1563232107685 1563232127944 1563232144526 1563232152750 1563232159148 1563232166819 1563232177412

1563232182495 1563232188913 1563232197329 1563183013171 1563183013285 1563231594371 1563231594401

 

2019-関東第3戦

◎ステージTOP賞:1st.→夏目俊希(3,080g)/2nd.→大岡宏直(3,170g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・夏目俊希・大岡宏直(1,000g)

レディース賞:伊藤幸子(4,780g)

◎ミニマム賞 & レディース賞:五十嵐里香(3,370g)

 

<今大会のTOP3>

1563231980103

 

優勝:夏目俊希(No.53)

【第1ステージ】 釣り座No.16

【竿】 がまへら紬 16尺

【ウキ】 花梨7番(ボディ8cm)

【道糸】 1号

【ハリス・上バリ用】 0.6号/10cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/17cm

【上バリ】 グラン9号

【下バリ】 グラン6号

【釣り方】 コブセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 2~3m

【エサの配合・バラケ】 マッハ[2] + 凄麩[2] + セットガン[1] + 水[1]

【エサの配合・食わせ】 極上とろろハード

 

【第2ステージ】 釣り座No.7

※すべて第1ステージに同じ

 

【コメント】 皆さん、お疲れさまでした。数は釣れるけれど型はなかなか揃わないと聞いていたので、普通でない釣り(?)をしようと思いました。

選んだ釣り方は沖目のコブセット。最初から2本のタナで入りました。

どうしても上のガサベラが入ってきますが、エサ落ちからナジんでいく途中に出る消し込みでコンスタントに釣れ続く中、500gクラスを入れていきました。第1ステージは3枚目にキロクラスが釣れてなんとか3,080gでフィニッシュ。 

第2ステージも同じ釣りで臨みましたが、釣れるのは400gクラスがほとんどでした。500gクラスを3枚入れ、残り30分で400gクラスを1枚追加。あと1枚がなかなか釣れず、またいつもの4枚で終了の悪夢がよぎりましたが、残り1分でコブを新鮮なモノにかえてすぐの消し込みアタリでなんとかギリギリ5枚そろえることができました。2,560gでしたが、第1ステージの貯金でなんとか30g差で優勝できました。

これまで3位と5位になったことはありますが、優勝は初めてです。浜口さん、三沢さんはじめ皆さんの「5枚入れなきゃダメだよ!」の声に後押しされて優勝することができました。ありがとうございました。また優勝にからめるように頑張ります。

1563231952899

 

2位:大岡 宏直

【第1ステージ】

【竿】 13尺

【ウキ】 ムクトップ18cm/ボディ 9cm

【道糸】 1号

【ハリス・上バリ用】 40cm

【ハリス・下バリ用】 55cm

【上バリ】 8号

【下バリ】 8号

【釣り方】 チョーチン

【ウキ~オモリまでの長さ】 3m

【エサの配合】 凄麩 [400cc] + マッハ[400cc] + カルネバ[200cc] + 水[200cc]

 

【第2ステージ】

【竿】 9尺

【ウキ】 ムクトップ (14cm/ボディ9cm)

【道糸】 1.2号

【ハリス・上バリ用】 40cm

【ハリス・下バリ用】 50cm

【上バリ】 8号

【下バリ】 8号

【釣り方】 チョーチン

【ウキ~オモリまでの長さ】 2m

【エサの配合】 凄麩[200cc] + ガッテン[100cc] + カルネバ[100cc] +マッハ[100cc] + 水[200cc]

 

【コメント】 トップまでしっかリとなじませて、はっきりとしたアタリだけを合わせていきました。

5枚目がなかなか決まらず、ラスト数分までドキドキした楽しい釣りができました。

1563231594325

 

3位:三浦輝道(No.10)

【第1ステージ】 釣り座No.7

【竿】 16尺

【ウキ】 全長32cm/トップ15cm/ボディ10cm)

【道糸】 サンライン 奏 1.0号

【ハリス・上バリ用】 サンライン 奏 0.5号/35cm

【ハリス・下バリ用】 サンライン 奏 0.5号/43cm

【上バリ】 角マルチ 6号

【下バリ】 角マルチ 6号

【釣り方】 両ウドン/底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 450cm

【エサの配合】 Gうどん 重いタイプ

【エサ・まぶし粉】 Gマブシ 荒め(Gドロを少し絡める)

 

【第2ステージ】 釣り座No.17

【竿】 8尺

【ウキ】 全長30cm/トップ15cm/ボディ9cm

【道糸】 サンライン 奏 1.0号

【ハリス・上バリ用】 サンライン 奏 0.5号/10cm

【ハリス・下バリ用】 サンライン 奏 0.5号/17cm

【上バリ】 角マルチ 6号

【下バリ】 角マルチ 6号

【釣り方】 チョーチンセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 210cm

【エサの配合・バラケ】 マッハ[4.5] + 水[1]

【エサの配合・食わせ】 とろろハード

 

【コメント】 朝イチは底釣りで大型狙い。その後は短竿セットで数を釣って選ぶ戦略がハマりました。

参加選手の皆さん、お疲れさまでした。

2019年7月17日 13:57