日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2019年度 > NHC特別大会2019

2019年7月 1日

河口湖 巨べらトーナメント 報告

優勝:南 元彦

IMG_1941 ◎ 令和元年6月29日(土)/参加者15名

◎ 河口湖(山梨県)

◎ 協賛:サンライン/マルキユー/モーリス/田口雄二

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 IMG_1909 IMG_1930

 

富士五湖の中でも、河口湖は巨べら党に人気が高い。

昨シーズンはこの時期にグラマラスな尺半クラスが多発したため、恒例となった富士五湖のNHC野釣り大会会場が河口湖に決まった。

精進湖や西湖はほぼ全員が釣果を得られるほど魚影は濃い。

野釣り経験があまりないメンバーが多いため河口湖はリスクを伴う釣り場ではあるが、今回は型狙いに絞り、2枚長寸競技となった。

 

IMG_1906 IMG_1923 IMG_1921

 

■ 前日の試釣(6月28日)

 

湖と魚のコンディションは前年と異なっていた。

減水でウィードも少なめ。会場の北浜荘がある大石エリアは春先こそグッドサイズが上がったが、ボート釣りのシーズン本番を迎えて喰い渋りの状態が続いていた。

ただ、モジリはあるので気配は十分。

前情報では魚は沖に出ているが、沖(深場)の魚は浮き気味でエサに反応させるのは難しいという。

基本的なポイントの絞り込みはウィードエッジを狙うことになるが、今シーズンはウィードも生育不良とのことだ。

河口湖ではポイントを自分で決定し、水棹(みさお)を突き刺してボートを係留する。

長い水棹を使えば6m前後(21尺チョーチン底)までカバーできるが、深場はウィードが少なく、ウキの動きは静か。

ウィードがある浅場は魚っ気はあるが、ギル、コイ、ニゴイなどの外道が多かった。

試釣には9名が入り、釣果は40~43cmが3枚。

大石公園前の最も浅場(1本半)を狙った丸山篤志選手がジャスト40cmを12時ゲット。

南 元彦選手がその少し沖(18尺で1m余るほどのタナ)で10時に1枚、12時に43cmをゲット。

ともにダンゴの底釣りで、モジリが多かった早朝ではなく、昼時合だった。

 

IMG_1949 IMG_1948 IMG_1946

 

■ 大会当日(6月29日)

 

天気予報では雨だったが、前日から降りそうで降らない。暑くもなく寒くもなく快適な一日。

食い気のスイッチを入れるにはまとまった雨がほしいところだった。

ウイニングエリアは魚がいるといわれる深場なのか、ウィードがある浅場なのか。

はたまた広瀬やハワイなど他のエリアなのか。

沖のヘラは浮いているなら、難しいといわれる宙の釣りも気になるところ。

全員での答え探し。ワクワクする気持ちでスタート時間を迎えた。

 

RIMG0228 RIMG0235 RIMG0232

河口湖のボート釣りに精通する戸井田祐一さんから水棹の扱い方やボート釣りの注意点の説明を受けてから全選手が一斉にスタートした。

全体にウキが動く浅場(一本半~2本半)に入る選手が多く、早朝から竿がよく曲がる。

しかし、コイとニゴイのオンパレード。早朝は誰もヘラの顔を見ることができなかった。

本命場の大石エリアにはヤバい雰囲気が漂いはじめた10時過ぎ、前日も釣果を得た南 元彦選手がまたも価値ある一枚(41.0cm)を釣り上げた。

ポイントは大石公園の沖目(5.4mライン)、竿は19尺底釣りだった。

結局、大石エリアでは一日を通して釣果はこの一枚だけ。

ハワイ沖へ遠出した浜口 & 近江組も苦戦を強いられ、南 元彦選手の優勝が決まった。

 

IMG_1938 IMG_1960 IMG_1962 IMG_1963 RIMG0250 IMG_1894

IMG_1886 IMG_1891 IMG_1897 IMG_1898 IMG_1907 IMG_1913

 

IMG_1941
南 元彦 選手のウイニング タックル & ベイト

◎ 竿:19尺(5.4mラインの底釣り)
◎ 道糸:2号
◎ ハリス:1.2号(50cm-57cm)
◎ ハリ:サイト 16号(両バリとも)
◎ ウキ:茅春 2019バージョン(パイプ)
◎ エサ:ダンゴの夏[100cc] + ダンゴの冬[100cc] + ペレ底[100cc] + GD[100cc] + 水[200cc] + マッハ[100cc]・・・手水で調整。
◎ エサの注意点:あまり練らずにやわらかくする。ただ、やわらか過ぎると上ずるので注意。

 

IMG_1912■ ヘラはいるので、今後に期待!

ボート釣りの経験が少ないNHCメンバーへ親切にアドバイスしてくれた北浜荘のご主人。

「ヘラがいても釣れないことはある。だけどヘラがいない場所ではどんな名人でも釣れない」

と、ヘラがいるところでの釣りを勧めてくれた。

大石沖はモジリもあり、魚の気配は十分に感じられた。

水位が上がるタイミングでスイッチが入ることを期待したい。(事務局 K)

 

IMG_1947 <P.S> あっちゃんのボートへら初挑戦!

巨べら釣りの神童と呼ばれた丸山篤志くんは室生ダムでバツグンの実績を誇る。

でも、ヘラ釣りではひだ池よりも東へ行ったことはなく、ボート釣りも初挑戦。

2日間で40cm1枚だったが、富士五湖にまた挑戦するそうです。

帰りは西湖、精進湖、本栖湖をドライブしながら帰りました。「トライ アゲイン!」

IMG_1885 IMG_1902 IMG_1904 IMG_1916 IMG_1920 IMG_1943

IMG_1914 IMG_1921 IMG_1964 IMG_1946 IMG_1952

2019年7月 1日 13:10