日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2019年度 > NHC関東シリーズ2019

2019年6月17日

関東シリーズ第2戦 報告

優勝:渡辺勲一

DSC_0156 ◎ 令和元年6月16日(日)/参加者25名

◎ 会場:谷養魚場(千葉県)

◎ 特別協賛:へらウキ 士天 / 田辺英明 ◎ リポート:泉 和摩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1560678347448 DSC_0163 DSC_0152

 

強風に打ち勝ち、渡辺勲一選手がペレ宙で5kg UP!

 

2019年 NHC関東シリーズ第2戦は、6月16日、千葉県成田市の谷養魚場で開催されました。

参加25名が北池北向きに一列で並びました。

この日はあいにく低気圧通過後で、爆風が吹き荒れました。

この池は手前が浅く短竿天々ができないため、18尺までの中尺を選択する選手がほとんどでした。

 

<第1ステージ>

爆風はおさまる気配がなく、振り込みのコントロールが難しい中、500gフィッシュを揃えてトップをとったのは風に強い(?)風 太郎選手。10尺の浅ダナで2,530g。

2位は15尺ペレ宙の渡辺勲一選手(2,480g)

3位は14尺グル底の宮崎順一選手(2,380g)でした。

 

<第2ステージ>

まだまだ爆風は続く後半戦。前半は5枚2,500gが難し状況でした。

ただ、1kg前後も何枚か上がっていたので、十分に逆転の可能性は残っていました。

トップをとったのは澤 幸一選手。一発逆転を狙ってのペレ宙で見ごとに今大会最重量の2,670gをたたきだしました。

2位はこれまたペレ宙の尾作博樹選手(2,590g)。

3位は10尺ヒゲセットの五十嵐秀雄選手(2,540g)でした。

 

<総合成績>

優勝は渡辺勲一選手。前後半ともペレ宙で安定した釣果でまとめ、唯一5kg越え(5,010g)を達成しました。おめでとうございます!

準優勝の尾作博樹選手は前半底釣り、後半はペレ宙でまくり4,760g。

3位は三浦輝道選手。前後半ともヒゲセットで4,690g。

4位は風 太郎選手。前半トップ、後半ペレ宙でまとめ4,570g。

5位は三沢成彦選手。前半グル底、後半ペレ宙。8枚ながら大型がまじり4,400gでした。

 

1560678260207 1560678270809 1560678278961 1560678287942 1560678298592 1560678310016 1560678458488

1560678317356 1560678332222 1560678337883 1560678357069 1560678364629 1560678373151 1560678468584

1560678385216 1560678393251 1560678400641 1560678409875 1560678417777 1560678425776 DSC_0111

1560678483812 1560678490418 1560678494750 1560678499578 1560678506059 1560678512675

1560678517741 1560678523112 1560678530305 1560678535999 1560678542548 1560678548899

1560678553523 DSC_0108 DSC_0110 DSC_0112 DSC_0113 DSC_0114

DSC_0115 DSC_0116 DSC_0117 DSC_0118 DSC_0120 DSC_0121DSC_0122 DSC_0124 DSC_0125 DSC_0126 DSC_0127 DSC_0128

DSC_0129 DSC_0130 DSC_0132 DSC_0135 DSC_0138 DSC_0139

DSC_0140 DSC_0141 DSC_0143 DSC_0144 DSC_0146 DSC_0161 DSC_0136 DSC_0137 DSC_0160 DSC_0159 DSC_0158 DSC_0157

 

2019-関東第2戦

◎ステージTOP賞:1st.→風 太郎(2,530g)/2nd.→澤 幸一(2,670g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・橋本政幸(1.090)/2位・澤 幸一(920g)/3位・渡辺勲一(890g)

◎ミニマム賞:武藤 修(3,850g)

◎ レディース賞:伊藤幸子(6,780g)

 

<今大会のTOP3>

優勝:渡辺勲一 DSC_0149

 

【第1ステージ】 釣り座No.21

【竿】 15尺

【ウキ】 飛蜂SE1番(全長26cm/パイプトップ12cm/ボディ・二枚合わせ7cm/足7cm) 

【道糸】 フロロ 1号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/50cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/60cm

【上バリ】 6号

【下バリ】 6号

【釣り方】 宙釣り両ダンゴ

【ウキ~オモリまでの長さ】 1.0~1.2m

【エサの配合】 ペレ軽[4] + BBフラッシュ[1] + 水[0.9] ・・・ボソタッチの小エサ

 

【第2ステージ】 釣り座No.5

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】  今回はお世話になりました。

まさか!! の優勝までさせて頂き、ありがとうございました。

15尺のメーター両ダンゴでしたので、強風で柔らかいエサの振り込みができなかったため、しっかり目の小エサで長めのハリスにしてみました。

優勝でき大変うれしいです。ありがとうございました。

DSC_0148

2位:尾作博樹(No.55)

 

【第1ステージ】 釣り座No.12

【竿】 9尺

【ウキ】 ボディ5cm(パイプトップ)

【道糸】 1号

【ハリス・上バリ用】 0.6号/8cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/30cm

【上バリ】 だんごマスター 7号

【下バリ】 アスカ 3号

【釣り方】 感嘆セット

【ウキ~オモリまでの長さ】 1m

【エサの配合・バラケ】 粒戦[100cc] +とろスイミー[50cc] +水[100cc] + セットガン[200cc] +底バラ[200cc]

【エサの配合・食わせ】 感嘆[10cc] +水[12cc]

 

【第2ステージ】 釣り座No.25

【竿】 18尺

【ウキ】 ボディ10cm(パイプトップ)

【道糸】 1号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/40cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/60cm

【上バリ】 アスカ8号

【下バリ】 アスカ8号

【釣り方】 ペレ宙

【ウキ~オモリまでの長さ】 1.6m

【エサの配合・バラケ】 ペレ道[200] + 水[200cc] + 浅ダナ[200cc] +軽麩[200cc] + BBフラッシュ[200cc]

 

【コメント】 強風の中、お疲れさまでした。

前半は16尺の底釣りからスタートしましたが、強風に苦戦。1枚入れて、11尺に変更。

11尺で1枚追加も、底の状態が良くないため9尺のメーターセットに変更。

とりあえず5枚揃えるために3枚追加して前半終了。

後半は場所に恵まれ、風の影響が少ない場所だったので18尺ペレ宙を決行。

残り30分で仕掛けのトラブルが発生し、慌てて9尺に変更。

ペレ宙のエサを使い9尺で最後の1枚を入れて終了。上位を狙ってサイズを選んだ選手たちが狙い通りに行かず、とりあえず前半・後半とも5枚ずつ揃えた結果が予想外の成績になりました。

これもまた5枚検量の難しい部分でもあり、面白い部分でもあると思います。

体調を整え、また頑張ります。

DSC_0147

3位:三浦輝道(No.10)

 

【第1ステージ】 釣り座No.26

【竿】 14尺

【ウキ】 全長23cm/トップ12cm/ボディ6cm

【道糸】 1.0号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/8cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/15cm

【上バリ】 アラシ 7号

【下バリ】 ヤラズ 5号

【釣り方】 浅ダナ/ヒゲセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 100cm

【エサの配合・バラケ】 ペレ軽[1] + 浅ダナ一本[1] + マッハ[1] + 凄麩[1] + BB[1] + 水[1]

【エサの配合・食わせ】 とろろハード

 

【第2ステージ】 釣り座No.9

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 強風の中、皆さんお疲れ様でした!!

2019年6月17日 16:52