日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント

2018年12月25日

ウインター『関東合同大会』報告

優勝:鈴木良太 ※NHCウエイト記録更新!

IMG_20181222_153849 ◎ 平成30年12月22日(土)/参加者36名

◎ 会場:椎の木湖(埼玉県)

 

◎ 協賛:がまかつ/サンライン/ハヤブサ/松岡釣具MFC/ マルキユー/

モーリス/丹野利明/森弘子/ABC(アズマバスボートクラブ)/士天

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

出たぞ10枚で12,770g。

NHCレコードで鈴木良太選手が優勝!

IMG_20181222_153849 IMG_20181222_153937 IMG_20181222_155421_1

 

NHC南北関東合同大会は12月22日、椎の木湖で開催されました。

天候はくもり無風、冷え込みもさほど厳しくない釣り日和。

参加選手36名が3号桟橋渡り奥両面に並びました。

 

<第1ステージ>

11月末に行われたクラシックの影響もあってか、いつになく長尺が多く並ぶ。

『底釣り vs 天々』といった模様の中でスタートとなりました。

トップを取ったのは、唯一6kg台(6,150g)にのせた鈴木良太選手。

クラシック優勝メソッドと同じく、新ベラ狙いの21尺両グル底釣りが炸裂しました。

2位も21尺両グルの底の田口雄二選手が5,510g。

3位は数少ないメーターセットを選んだ木内康志選手(5,480g)でした。

 

<第2ステージ>

前半は場所による釣果の差が激しく、リミットメイクは14名とかなり厳しい状況でした。

それは席替え後も続くと予想され、まだ多くの選手にチャンスがあると思わせる展開でした。

しかし、それを見ごとに打ち砕いたのが前半トップの鈴木良太選手。

それも前半を上回る今大会5枚最重量の6,620gで後半もトップに!

2位は前半4枚に留まった伊藤泡舟選手がおおまくりの6,550g!

3位は丹野利明選手。これまた前半3枚から天々で合わせて6,260g!

 

<総合成績>

優勝はもちろん前後半ともトップの鈴木良太選手!!!

NHC10枚最重量記録を塗り替える12,770gの完全勝利でした。

おめでとうございました。

準優勝は10,840gの伊藤泡舟選手。両グルの底釣りと天々をうまく併せて、後半6,550gと見ごとなウエイトを絞り出しました。

3位は10,770gの太田武敏選手。中尺天々セットをやりきりました。

4位は10,560gの木内康志選手。後半は天々セットに変更してまとめました。

5位は10480gの中野裕司選手。得意の18尺段底での入賞でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

IMG_20181222_055009 IMG_20181222_143913 IMG_20181222_144016 IMG_20181222_144023 IMG_20181222_153408 IMG_20181222_153427

IMG_20181222_154507 IMG_20181222_153725 IMG_20181222_153731 IMG_20181222_154219 IMG_20181222_055235 IMG_20181222_055206

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2109ウインター関東第1戦-椎の木湖 

◎ステージTOP賞:1st.→鈴木良太(6,150g)/2nd.→鈴木良太(6,620g)

◎ビッグフィッシュ賞:近江純治(1,860g)/2位・鈴木良太(1,660g)/3位・伊藤泡舟(1,587g)

◎ミニマム賞:氏家 隆(8,840g)

◎レディース賞:森 弘子(10,080g)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<今大会のTOP3>

優勝:鈴木良太(No.21)IMG_20181222_153849

 

【第1ステージ】 釣り座No.452

【竿】 21尺

【ウキ】 PCトップ15番

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 0.5号55cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号70cm

【上バリ】 8号

【下バリ】 8号

【釣り方】 底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 4.2m

【エサの配合】 グルテン四季[25cc] + グルテンアルファ[25cc] + 水[60cc]

 

【第2ステージ】 釣り座No.536

【ウキ~オモリまでの長さ】 5m

※ウキ下以外はすべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 今回は先月のクラシックと同じ状況で直前に放流がありました。クラシック後半で感触の良かった両グルテンの「なんちゃって&ノーマル底釣り」を通そうと決めてはじめました。

前半1時間くらいは反応が薄かったのですが、次第にウキが動くようになり、パタパタと1,200g平均が釣れ、1枚1,300gオーバーが混じり、9時ごろにリミット完了

後半は「底釣りやっても全然だめ」と言われた場所でした。ただ、椎の木湖は後半にウエイトが伸びる傾向があるので、状況が変わっていることを期待して始めました。

開始早々、900g平均サイズが3枚釣れたがリリース。その後、なんちゃって底釣りではなく、両エサともしっかり底をはわせました。アタリは小さくなりましたが、サイズが良いのが交じるようになり、最低1,200gをキープしていき、1,300gオーバーと1,700g近いサイズが釣れてくれて後半にウエイトアップに成功しました。

クラシックで残り1枚が釣れなかったり、毎度椎の木湖では悔しい思いをしてきたので、やっとリベンジできました!

クラシックのときに隣で釣りをしていた戸井田さんの釣り方を参考にしたのが良かったのかなと思います。

いつも快く釣りに行かせてくれる妻に感謝・感謝です。

参加者の皆様・大会運営の皆様、おつかれさまでした。ありがとうございました!!

 

2位:伊藤泡舟(No.94)IMG_20181222_153818

 

【第1ステージ】

【竿】 DAIWA二天粋おぼろ15尺

【ウキ】 吉田作GTフォール3番ボディ5cm

【道糸】 東レ 将鱗へら タイプⅡ(0.7号)

【ハリス・上バリ用】東レ 将鱗へら タイプⅡ(0.4号/8cm)

【ハリス・下バリ用】東レ 将鱗へら タイプⅡ(0.35号/40cm)

【上バリ】 がまかつ ヤラズ7号

【下バリ】 がまかつ コム2号

【釣り方】天々 宙釣り

【エサの配合・バラケ】 粒戦[1] + 細粒[1] + セットガン[2] + 水[1] + セット専用[1] + セットアップ[1] +マッハ[1]

【エサの配合・食わせ】 力玉大(細粒漬け)

 

【第2ステージ】

【竿】 翼13尺

【ウキ】 吉田作GTフォール 5番ボディ6cm

※ウキと竿以外は第1ステージと同じ

 

【コメント】 第1ステージは4枚しか揃えられず出遅れたのですが、第2ステージは気持ちを切り替え、最後まで諦めず頑張れたことが良かったと思います。


 太田武敏
(No.79)IMG_20181222_153753

 

【第1ステージ】

【竿】 13尺

【ウキ】 夢彦チョーチン抜きセット用

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.4号

【ハリス・下バリ用】 0.3号

【上バリ】 極ヤラズ7号

【下バリ】 喰わせヒネリ4号

【釣り方】 チョーチンうどんセット

【エサの配合・バラケ】 粒戦[0.5] + 細粒[0.5] + とろスイミー[0.5] + 水[2] + セット専用[1] + GTS[1] + セットアップ[1]

【エサの配合・食わせ】 力玉

 

【第2ステージ】

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 全国大会で思うように釣れず悔しい思いをしました。ウィンター第1戦目でお立ち台に立ててうれしいです。次回も頑張ります。

2018年12月25日 17:27