日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2018年度 > NHCへらぶなダービー2018

2018年12月 7日

へらぶなダービー2018(11月現在)

RIMG8963 全国で競い合うウエイト記録。

クラシックはドラマの連続!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

全国のNHCメンバーでいろんな記録を年間で競い合うスペシャル企画、

それが 『NHCへらぶなダービー』。

NHCトーナメント(管理釣り場)記録のカテゴリーは次の4つです。

 

<1> ビッグフィッシュ・ダービー(1匹の重量)

<2> 5フィッシュ・ダービー(1ステージ5匹までの重量)

<3> 10フィッシュ・ダービー(1大会10匹までの重量)

<4> 年間トータルウエイト(東西に分けての年間総重量)

 


◎競技期間:2018年1月1日~12月31日(NHCメンバーの記録のみ集計しています)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【 ビッグ フィッシュ ダービー 】

 

へらぶなクラシックで芝原道治選手が怪物(2,263g)ゲット!


RIMG8908 RIMG7916 RIMG7828_1


NHCへらぶなトーナメントで釣り上げた1枚のウエイトを年間で競い合うのが『ビッグフィッシュダービー』です。

5月3日のNHC関西シリーズ第1戦(菊水)で袋瀬健二選手が仕留めた1,920gが暫定首位をキープしてきましたが、へらぶなクラシックでひっくり返りました!

芝原道治選手が最高の舞台で2,263gの巨べらを釣り上げました。

東北地区は全日程が終了し、西山隆弘選手の首位が確定しました。

今年もビッグフィッシュダービーは椎の木湖と菊水の東西対決になりました。

◎ ウインター北関東・南関東合同大会(12/22:椎の木湖)

◎ ウインター関西第1戦(12/24:菊水)

東西の巨べら宝庫で開催されるウインターシリーズですべてが決まります!

 

BIG-F-1130

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 5 フィッシュ ダービー 】


戸井田祐一選手がクラシックでNHC5枚重量レコード(6,650g)を樹立!


RIMG8912 RIMG7899_1 DSC_0034_2


NHCへらぶなトーナメントは1ステージ(3時間)5枚重量競技がメインです。

その1ステージの重量を競い合うのが『5フィッシュダービー』です。

11月に開催された椎の木湖で新べらが動き、ビッグウエイトが続出。

戸井田祐一選手がNHC5枚重量レコード・6,650gを叩き出しました!

巨べらゲット率はやはり椎の木湖がダントツで、只今全国TOP10を独占しています。

東北地区は全日程が終了し、ルーキー高野隆信選手の首位が確定しました。

関西地区では5月3日の菊水戦で5,380gをマークした林 貴史インストラクターが首位をキープしています。

 

5-fish-1130

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 10 フィッシュ ダービー 】


NHC記録保持者、櫻井和弘選手が12,390gで首位!

 

RIMG8931 IMG_0317 RIMG8974


NHC5枚重量ルールで行われる1試合総重量を競い合うのが『10フィッシュダービー』です。

櫻井和弘選手が4月30日の関東シリーズ第1戦で12,390gをマークして首位に立ちました。

櫻井和弘選手は昨年にこの部門のNHCレコード(12,750g)を樹立。その記録に迫るウエイトです。

関西ではウインターシリーズが「総重量」と「5枚重量」のミックスルールのため、関西地区の記録は5月3日の菊水戦と同じです。

 

10-fish-1130

2018年12月 7日 13:01