日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2018年度 > NHC特別大会2018

2018年11月12日

第8回 うどん底釣り大会 報告

優勝:後藤田義臣

RIMG8775 ◎平成30年11月10日(土)/参加者26名

◎会場:王仁新池釣センター

 

◎協賛:がまかつ/後藤田製粉/サンライン/松岡釣具MFC/ハヤブサ/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

RIMG8779 RIMG8764 RIMG8733

RIMG8772 RIMG8776 RIMG8755

 

今年で第8回を迎えたNHCうどん底釣り大会。

好天に恵まれ、うどん師たちが腕を競い合った。

 

<第1ステージ・総重量競技>

第1回から連続出場している袋瀬麻生選手が開始直後から猛スパート。

極太トップで確実に食いアタリを取っていく名人芸は健在で、11尺で11枚、7.5尺でも11枚の計22枚の釣果。

ビッグフィッシュ賞となる990gを含み、8,340gという圧倒的なウエイトで首位に立った。

暫定2位は8尺で5,100gをキープした上野實雄選手。

3位には瀬口啓司選手が3,820gで続いた。

 

<第2ステージ・5枚重量競技>

後半はやや風が強まり、食い渋る展開。5枚で2kg前後の上位争いとなった。

サイズを選ぶのはリスクが高いと読んで、袋瀬名人は手堅く全入れでリミットメイク。

他の上位陣もウエイトアップに苦しむ中、終盤に猛追したのが前半4位の名手・後藤田義臣選手。

7尺竿に持ち替え、2枚のグッドサイズを揃えたところでリミットメイク。このステージトップの2,090gでフィニッシュした。

玉出浩三選手が2,070g、北田潤八選手が2,000gで続き、上位3名が2kgをクリアした。

 

<総合成績>

トータル重量では前年度ウイナーの袋瀬麻生選手が1人10kg超のビッグウエイトを叩き出した。

前年度に78歳10ヵ月というNHC最年長優勝記録を樹立。

自らその記録を更新するかと思われたが、後半に「ちょっと待った」とばかりに追い上げたのが袋瀬名人を師匠と仰ぐ後藤田義臣選手。

総重量と5枚重量のミックスルールでは合計ポイントで順位を決定するため、97Pを獲得した後藤田選手が逆転で今大会を制覇!

準優勝は91Pを獲得した生きている伝説のうどん師、袋瀬麻生選手。

前半2位で折り返した上野實雄選手が3位入賞を果たした。

今大会は4位入賞の嶌田省吾選手や北田潤八選手といった若手も活躍。

ベテラン勢を脅かす存在になってきた。これからが楽しみ!

 

RIMG8722 RIMG8723 RIMG8724 RIMG8725 RIMG8726 RIMG8729

RIMG8730 RIMG8731 RIMG8734 RIMG8736 RIMG8737 RIMG8739

RIMG8741 RIMG8742 RIMG8744 RIMG8745 RIMG8747 RIMG8748

RIMG8749 RIMG8750 RIMG8753 RIMG8762 RIMG8763 RIMG8766

RIMG8770 RIMG8773 RIMG8759 RIMG8772

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

udontaikaiseiseki

◎ビッグフィッシュ賞:1位・袋瀬麻生(990g)/2位・杉山豊誠(620g)/3位・瀬口啓司・上野實雄(610g)
◎ステージTOP賞:1st. → 袋瀬麻生(8,340g)/2nd. → 後藤田義臣(2,090g)

◎ミニマム賞:南 治孝(3,370g)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  優勝:後藤田義臣(No.9)RIMG8779

【第1ステージ】 外向き

【竿】 8尺

【ウキ】 Gモデル オールマイティパイプ10

【道糸】 サンライン 奏 0.6号

【ハリス・上バリ用】 サンライン 奏 0.35号/32cm

【ハリス・下バリ用】 サンライン 奏 0.35号/38cm

【上バリ】 鬼掛 喰わせヒネリ 4号

【下バリ】 鬼掛 喰わせヒネリ 4号

【エサ】 Gうどん(Ф5mm) + Gペレット中粒

 

【第2ステージ】 内向き

【竿】 8尺 → 7尺

【ウキ】 JUNYAマジョーラ5 超ライト(7尺のとき)

※他は第1ステージと同じ。

 

【コメント】 第1ステージはジャミのカラツンに悶絶。(笑)

第2ステージは残り1時間で竿を7尺に変更し、潤八君のウキをセット。

それから良型が2枚入りました。それが勝因です。

師匠、ごめんなさい。ア~ッハッハッ~。

 

 

  準優勝:袋瀬麻生RIMG8732

 

【第1ステージ】 外向き

【竿】 11尺 → 7.5尺

【ウキ】 太パイプトップ(全長27cm)

【道糸】 サンライン 奏 0.6号

【ハリス・上バリ用】 サンライン 奏 0.3号/32cm

【ハリス・下バリ用】 サンライン 奏 0.3号/38cm

【上バリ】 鬼掛 喰わせヒネリ 4号

【下バリ】 鬼掛 喰わせヒネリ 4号

【エサ】 Gうどん + Gペレット中粒(ドロを少々)

 

【第2ステージ】 内向き

【竿】 9尺

※他は第1ステージと同じ。

 

【コメント】 第1ステージは11尺でスタートダッシュ(11枚)。型にも恵まれ、大助賞の990gもきました。食いが落ちてから7.5尺に変更して11枚。午前は計22枚でした。

第2ステージ食いが渋くなり、5枚重量なので確実に全入れでキープしました。

来年も参加するで、生きてたらな。ア~ッハッハッ~。


 

 3位:上野實雄RIMG8773

 

【第1ステージ】 外向き

【竿】 8尺

【ウキ】 全長20cm/カヤ・ボディ15cm

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.3号/30cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/35cm

【上バリ】 2号

【下バリ】 2号

 

【第2ステージ】 内向き

【竿】 10尺

※竿以外は第1ステージと同じ。


2018年11月12日 14:58