日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2018年度 > NHCウインターシリーズ2018

2018年2月15日

ウインター『関西』第3戦 報告

優勝:前山智孝

RIMG7409◎ 平成30年2月12日(祝)/参加者21名

◎ 会場:隠れ谷池(和歌山県)

◎ 協賛:がまかつ/サンライン/ハヤブサ/松岡釣具MFC/

マルキユー/モーリス/ベーシック/こま鳥/池尾正継(いけちゃん)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


強風に負けじと27尺を振り続けた前山智孝選手が優勝!

RIMG7388RIMG7371RIMG7414

 

全国的に厳しい寒さが続いている今年のウインターシーズン。

今大会も強い寒気に覆われ、近畿中部でも前夜から雪が舞った。

隠れ谷池がある橋本市周辺の積雪は少な目だったが、ノーマルタイヤで参加を断念した選手もいた。

「雪が降れば暖かい」と言われるが、今回は早朝から風が強く体感温度は日中でも氷点下。

選手たちは防寒・暴風対策が求められた。



RIMG7408<第1ステージ・総重量競技>

さすがは冬に強い隠れ谷池。早朝からウキに気配が感じられた。

ただ、今シーズンは小型主体の放流で7~8寸サイズが多く、数の割にはウエイトが伸び悩んだ。

第1ステージのトップウエイト(5,680g)をマークしたのは、新駐車場向きに入った前山智孝選手だった。

釣り方は27尺・ロングハリス(75-90cm)の両グルテンの底釣り。

底付近には小型が多く序盤は手こずったが、やや浮いていた良型にロングハリスのストローク(落ち込み)でエサを追わせてサイズUPに成功。ステージ後半にウエイトを伸ばした。

第2位は同じく新駐車場向きに入った芝原明次選手で、段差の底釣りで4,890g。

第3位は道路向きに入った丸山篤志選手で、同じく段差の底釣りで4,620gだった。



RIMG7411RIMG7413IMG_1444


<第2ステージ・5枚重量競技>

堰堤向き桟橋の中央部で区切って釣り座を入れかえ、後半戦スタート。

午後からも風は収まることなく、時おり大きなボタン雪が吹き付けた。

長竿が有利になることが多い隠れ谷池だが、今回は少し勝手が違う。

風の影響を少なくするために竿を縮めるか、風が緩むタイミングで振り込むか。

長竿組には試練の一日と思われたが、後半の上位はガマン強く風を凌いだ長竿両グルが独占した。

前半トップの前山智孝選手はきっちりとグッドサイズを揃えて3,100g。

後半に入って27尺を投入した丸山篤志選手はそのスコアを上回る3,350gをキープした。

全員が検量を終えた時点で3kgをクリアしたのはこの2選手のみ。

この時点で前山智孝選手の優勝、前半3位、後半1位の丸山篤志選手の準優勝が決定した。

後半3位は両グル底釣りで押し通したベテランの山下由則選手で、総合成績でも3位入賞を果たした。

総合4位は『Mr.段底』からチョーチンマンに変身した森田裕之選手。

総合5位は巨べら師で知られる平崎大介選手だった。

2、3、5位は室生釣友会のメンバー。真冬でもダム湖で楽しむ釣り人は寒さに強かった。

 

RIMG7410RIMG7387RIMG7362

RIMG7327RIMG7328RIMG7329RIMG7331RIMG7332RIMG7350

RIMG7338RIMG7333RIMG7373RIMG7375RIMG7378RIMG7383

RIMG7348RIMG7349RIMG7351RIMG7352RIMG7360RIMG7361

RIMG7364RIMG7365RIMG7367RIMG7368RIMG7369RIMG7401

RIMG7402RIMG7403RIMG7404RIMG7406RIMG7407RIMG7346

IMG_1442IMG_1443IMG_1445IMG_1446


■ NHCウインター関西シリーズ2018 第3戦 成績
       1st.    2nd.      TOTAL
順位  No.  NAME  重量  点  重量  点  点  総重量
1 11  前山智孝 5,680 50 3,100 5 49 99 8,780
2 217  丸山篤志 4,620 48 3,350 5 50 98 7,970
3 206  山下由則 2,840 45 2,870 5 48 93 5,710
4 6  森田裕之 2,720 44 2,000 5 46 90 4,720
5 94  平崎大介 2,440 42 2,390 5 47 89 4,830
6 38  芝原明次 4,890 49 1,040 3 35 84 5,930
7 207  森本 弘 2,050 39 1,510 5 43 82 3,560
8 221  中谷宏次 2,310 41 1,420 5 40 81 3,730
9 21  若林真也 2,260 40 1,430 5 41 81 3,690
10 90  松下位一 1,630 37 1,590 5 44 81 3,220
11 219  山口好治 4,330 47 800 3 33 80 5,130
12 20  唐鎌文夫 3,190 46 1,010 5 34 80 4,200
13 3  南 治孝 2,610 43 1,080 3 36 79 3,690
14 55  平山進一 1,030 34 1,620 5 45 79 2,650
15 213  許斐昂明 1,100 35 1,200 2 39 74 2,300
16 203  太田敦久 1,220 36 1,160 5 37 73 2,380
17 9  袋瀬健二 280 31 1,460 3 42 73 1,740
18 28  板橋真也 860 33 1,160 3 38 71 2,020
19 210  奥 貴至 2,000 38 730 5 32 70 2,730
20 209  大島 智 340 32 180 1 30 62 520
21 42  芝原道治 0 30 540 1 31 61 540

◎ステージTOP賞:1st.(総重量)→前山智孝(5,680g)/2nd.(5枚重量)→丸山篤志(3350g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・前山智孝(840g)/2位・丸山篤志(810g)/3位・前山智孝(790g)

◎ミニマム賞:太田敦久(2,380g)



<今大会のTOP5>

 

優勝:前山智孝(No.11)RIMG7421


【第1ステージ】 釣り座No.15(新駐車場向き)

【竿】 がまへら 幻煌天 27尺

【ウキ】 夢翔 床 グラス無垢(ボディー13.5cm)

【道糸】 東レ 将鱗 スーパープロプラス 0.5号

【ハリス・上バリ用】 東レ 将鱗へら スーパープロプラス(0.3号/75cm)

【ハリス・下バリ用】 東レ 将鱗へら スーパープロプラス(0.3号/90cm)

【上バリ】 クワセマスター2号

【下バリ】 クワセマスター2号

【釣り方】 両グルテン床釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 3m

【エサの配合1 わたグル[20cc] + 四季[20cc] + 水[40cc]。

※同配合で水[37cc]の二種類を用意しました。

 

【第2ステージ】 釣り座No.2(道路向き)

【竿】 がまへら 幻煌天 27尺

【ウキ】 夢翔 床 グラス無垢(ボディー13.5cm)

【道糸】 東レ 将鱗 スーパープロプラス 0.5号

【ハリス・上バリ用】 東レ 将鱗へら スーパープロプラス(0.3号/60cm)

【ハリス・下バリ用】 東レ 将鱗へら スーパープロプラス(0.3号/75cm)

【上バリ】 クワセマスター3号

【下バリ】 クワセマスター3号

【釣り方】 両グルテン床釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 2.5m

【エサの配合】 ※第1ステージと同じ

 

【コメント】 午前、午後共に強風でまともに仕掛けを振れなかったのですが、この池は沖(岸寄り)にいいサイズが居ることは分かっていたので、気合で振り続けました。

午前は底に7寸ぐらいのヘラが溜まっていたので、ハリスを長くしてその上に居る大型を引っ張りながら釣りました。

午後からはチビが居なかったのでハリスを詰め、上ズリに気を付けながら釣っていきました。

どちらもアタリを待つのではなく、上からヘラブナにエサを追わせ、着底後すぐにアタリを出すイメージで釣っていきました。

前回の天神戦で先輩に先を越されたので、今回は気合が入っていました。^_^

狙い通りに優勝できて良かったです。

 

2位:丸山篤志 IMG_1435


【第1ステージ】 釣り座No.5(道路向き)

【竿】 15尺

【ウキ】 クルージャン ウインターバージョンPCムク

(全長41cm/トップ20cm/ボディ13cm)RIMG7419

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.4号/8cm

【ハリス・下バリ用】 0.2号/50cm

【上バリ】 6号

【下バリ】 4号

【釣り方】 段差の底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 450cm

【エサの配合・バラケ】 粒戦[50cc] + 細粒[50cc] + 水[50cc] + 段底[400cc]

【エサの配合・食わせ】 わたグル[30cc] + 水[40cc]

 

【第2ステージ】  釣り座No.20(新駐車場向き)

【竿】 27尺

【ウキ】 夢翔PCムクトップ(全長43cm/トップ23cm/ボディ13.5cm)

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 0.3号/60cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/70cm

【上バリ】 4号

【下バリ】 3号

【釣り方】 両グルテン底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 200cm

【エサの配合】 わたグル25cc + グルテン四季25cc + 水45cc

【エサの配合・食わせ】 

 

【コメント】 段底はバラケも食わせも小エサで早いアタリをとっていきました。

昼からも風は止まなかったのですが、27尺の両グルで攻めることにしました。

ウキの動きを見ながら、反応が悪ければ細粒をまぶしました。

 

3位:山下由則RIMG7417


【第1ステージ】 釣り座No.20(新駐車場向き)

【竿】 27尺

【ウキ】 PCムク(全長45cm/ボディ18cm/トップ22cm)

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.3号/70cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/80cm

【上バリ】 3号

【下バリ】 3号

【釣り方】 両グルテン床釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 2m

【エサの配合】 グルテン四季[15cc] + わた[15cc] + 水[35cc]

 

【第2ステージ】 釣り座No.8(道路向き)

【竿】 19.5尺

【ウキ】 PCムク(全長39cm/ボディ15cm/トップ19cm)

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 0.3号/60cm

【ハリス・下バリ用】 0.3号/70cm

【上バリ】 3号

【下バリ】 3号

【釣り方】 両グルテン床釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 1.5m

【エサの配合】 第1ステージと同じ

 

【コメント】 天候の悪さと床の悪さに焦りました。

2018年2月15日 18:44