日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2018年度 > NHCウインターシリーズ2018

2018年2月14日

ウインター『北関東』第2戦 報告

優勝:田中 哲

IMG_20180212_154456◎ 平成30年2月12日(祝)/参加者25名

◎ 会場:三和新池(茨城県)

◎ 協賛:がまかつ/サンライン/ハヤブサ/松岡釣具MFC/

マルキユー/モーリス/ベーシック/佐藤真理

◎ 報告:泉 和摩/撮影:田中 哲

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IMG_20180212_154533IMG_20180212_1510221518419727294

IMG_20180212_103401IMG_20180212_150507IMG_20180212_150244

 

真冬の三和新池を段底で制覇。

唯一の6kg台で勝負師、田中 哲選手が優勝!

 

2月12日(振替休日)、ウインター北関東第2戦は三和新池にて開催されました。

東桟橋中央付近両面に25名が並び、2ステージで5枚重量を競い合いました。


<第1ステージ>

週末は冷え込みがかなり緩んだせいか、スタートから思った以上にウキが動きました。

浅ダナ、天々、底釣りとどの釣り方でも型はみられ、いかにガマンして良型を揃えられるかが順位を上げるカギとなりました。

その中でトップを取ったのは、報告者の泉(16尺段底で3,520g)。

2位は、同じく16尺段底の田中 哲選手(3,500g)、

3位も段底で、鈴木良太選手が3,280gで続きました。


<第2ステージ>

後半戦はかなりの強風が吹き荒れ、繊細なアタリが取れないコンディションとなりました。

前半戦に比べウエイトは伸び悩む中、トップを取ったのは田中 哲選手(2,850g)。

2位は、前半戦選び過ぎてしまった山田 勉選手がリミットメイクで2,830g。

3位は、近江純治選手が天々でまとめ2,630gでした。


<総合成績>

優勝は前後半ワンツーの田中 哲選手でした。

16尺段底をやりきり唯一の6kg台(6,350g)。おめでとうございます!

準優勝は5,650gの泉でした。後半は段底が炸裂せず、8尺天々セットでまとめました。

3位は、ウインター戦にめっぽう強い鈴木良太選手。段底で5,440g。

4位は、近江純治選手が得意の長ハリス天々で5,050g。

5位は、前半段底で4位につけ、トータル4,650gの氏家隆選手でした。


IMG_20180212_092443IMG_20180212_103200IMG_20180212_103321IMG_20180212_103453IMG_20180212_103544IMG_20180212_103605

IMG_20180212_103633IMG_20180212_103705IMG_20180212_103747IMG_20180212_103848IMG_20180212_103921IMG_20180212_104004

IMG_20180212_104048IMG_20180212_150226IMG_20180212_150334IMG_20180212_150427IMG_20180212_150518IMG_20180212_150544

IMG_20180212_150617IMG_20180212_150814IMG_20180212_150837IMG_20180212_150855IMG_20180212_150933IMG_20180212_150953

IMG_20180212_151112IMG_20180212_153452IMG_20180212_153528IMG_20180212_153542IMG_20180212_153554IMG_20180212_153604

IMG_20180212_153640IMG_20180212_154130IMG_20180212_154214IMG_20180212_154230IMG_20180212_154242IMG_20180212_155046

IMG_20180212_155236IMG_20180212_155250IMG_20180212_220252


■ 2018 NHC ウインター北関東シリーズ 第2戦 成績
       1st.  2nd.  TOTAL
順位  No.  NAME  重量  数  重量  数  数  総重量
1 18  田中 哲 3,500 g 5 2位 2,850 g 5 1位 10 6,350 g
2 32  泉 和摩 3,520 g 5 1位 2,130 g 5 14位 10 5,650 g
3 4  鈴木良太 3,280 g 5 3位 2,160 g 5 12位 10 5,440 g
4 5  近江純治 2,420 g 5 7位 2,630 g 5 3位 10 5,050 g
5 26  氏家 隆 2,910 g 5 4位 1,740 g 4 21位 9 4,650 g
6 12  栗原 健 2,770 g 5 5位 1,860 g 4 18位 9 4,630 g
7 19  加藤 実 2,120 g 4 10位 2,320 g 5 8位 9 4,440 g
8 205  近藤隆行 1,950 g 4 15位 2,470 g 5 5位 9 4,420 g
9 OP3  栗田浩晃 2,240 g 5 8位 2,150 g 5 13位 10 4,390 g
10 116  佐藤真理 1,920 g 4 16位 2,400 g 5 7位 9 4,320 g
11 121  石井勝実 2,030 g 4 13位 2,220 g 5 9位 9 4,250 g
12 113  山田 勉 1,410 g 2 22位 2,830 g 5 2位 7 4,240 g
13 84  木内康志 1,990 g 4 14位 2,030 g 4 16位 8 4,020 g
14 44  金子美明 1,820 g 5 18位 2,190 g 5 11位 10 4,010 g
15 46  五十嵐理香 1,460 g 3 20位 2,450 g 5 6位 8 3,910 g
16 13  田辺英明 2,100 g 4 12位 1,770 g 4 20位 8 3,870 g
17 1  浜口二郎 2,130 g 4 9位 1,700 g 3 22位 7 3,830 g
18 16  田口雄二 2,690 g 5 6位 1,040 g 2 24位 7 3,730 g
19 15  木本 諭 1,740 g 3 19位 1,950 g 5 17位 8 3,690 g
20 2  三浦輝道 2,120 g 5 10位 1,550 g 4 23位 9 3,670 g
21 35  五十嵐秀雄 1,440 g 3 21位 2,220 g 5 9位 8 3,660 g
22 80  町田武州男 340 g 1 24位 2,510 g 5 4位 6 2,850 g
23 OP5  柳澤慶典 1,830 g 4 17位 870 g 2 25位 6 2,700 g
24 214  今泉貴芳 420 g 1 23位 1,790 g 4 19位 5 2,210 g
25 36  三沢成彦  g 0 25位 2,080 g 4 15位 4 2,080 g

◎ステージTOP賞:1st.→泉 和摩(3,520g)/2nd.→田中 哲(2,850g)

◎ビッグフィッシュ賞:田中 哲(990g)

◎レディース賞:佐藤真理(4,320g)

◎ミニマム賞:金子美明(4,010g)



<今回大会のTOP3>

 

優勝:田中 (No.18)IMG_20180212_154456


【第1ステージ】 釣り座No.5

【竿】 16尺

【ウキ】 功作十七
【道糸】 サンライン トルネードへら道糸 禅0.7号

【ハリス・上バリ用】サンライン パワード へらハリス 奏(0.4号/15cm)

【ハリス・下バリ用】サンライン トルネードへらハリス 禅(0.4号/50cm)

【上バリ】 オーナーばり バラサ5号

【下バリ】 オーナーばり プロスト2号

【釣り方】 段差の底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 400cm

【エサの配合・バラケ】 粒戦・細粒・とろスイミー[各50cc] + 水[150cc] + さなぎパワー[100cc] + セット専用バラケ[100cc]

【エサの配合・食わせ】 さなぎ玉2個付/感嘆Ⅱ

 

【第2ステージ】 釣り座No.22

【竿】 16尺

【ウキ】 功作十七

【道糸】 サンライン トルネードへら道糸 禅0.7号

【ハリス・上バリ用】サンライン パワード へらハリス 奏(0.4号/10cm)

【ハリス・下バリ用】サンライン トルネードへらハリス 禅(0.4号/70cm)

【上バリ】 オーナーばり バラサ6号

【下バリ】 オーナーばり プロスト3号

【釣り方】 段差の底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 430cm

【エサ】 ※第1ステージと同じ

 

【コメント】 1st.ステージの中盤に本日のBIG FISHが混じり、まずまずのウエイトで2nd.ステージを迎えました。

しかし、後半戦は底釣り狙いが並び、風も強くなり・・・、1時間半経過してキープゼロ。

ここで、隣席のトータルウエイト部門2017勝者の加藤さんからのアドバイスで仕掛けセッティングを変更。アタリを継続して出すことができました。有難う御座いました。

仕掛けは、信頼のライン=サンライン、トルネード禅で安心して魚を引き寄せました。

参加選手の皆様、お疲れさまでした。

 

2位:泉 和摩(No.32) IMG_20180212_154436


【第1ステージ】 釣り座No.2

【竿】 16尺

【ウキ】 士天(全長44cm/トップ24cm/ボディ13cm)

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/30cm

【ハリス・下バリ用】 0.35号/40cm

【上バリ】 7号

【下バリ】 3号

【釣り方】 段差の底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 430cm

【エサの配合・バラケ】 ダンゴの底釣り夏+ 細粒 + 段底 + BBフラッシュ

【エサの配合・食わせ】 力玉ハードⅡ

 

【第2ステージ】 

【竿】 8尺

【ウキ】 士天(全長28cm/トップ 8cm/ボディ 8cm)

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/7cm

【ハリス・下バリ用】 0.35号/65cm

【上バリ】 7号

【下バリ】 3号

【釣り方】 宙釣り/セット釣り

【エサの配合・バラケ】 粒戦 + 細粒+ セットガン + 水 + Sデザイン赤 + セット専用バラケ + サナギパワー

【エサの配合・食わせ】 力玉

 

【コメント】 朝、B.A.S.Sで大森君が優勝したことを知り、ちょっと燃えました!!

これからもよろしくお願いします。

 

3位:鈴木良太(No.4) IMG_20180212_154417


【第1ステージ】 釣り座No.18

【竿】 16尺

【ウキ】 自作カヤウキ(PCトップ15cm/ボディ12cm/カーボン脚6cm)

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 10cm

【ハリス・下バリ用】 70cm

【上バリ】 6号

【下バリ】 2号

【釣り方】 段差の底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 約4.5m

【エサの配合・バラケ】 粒戦・細粒・トロスイミー[各小カップ1 ] + 水[130cc]・・・水を吸わせて・・・+ 段底[中カップ1] + 底バラ[中カップ1]・・・後は手水と圧で調整

【エサの配合・食わせ】 タピオカうどん

 

【第2ステージ】 釣り座No.6

【竿】 8尺

【ウキ】 自作カヤウキ(細PCトップ13cm/ボディ4cm/カーボン脚10cm)

【道糸】 0.6号

【ハリス・上バリ用】 10cm

【ハリス・下バリ用】 65cm

【上バリ】 7号

【下バリ】 2号

【釣り方】 チョーチン

【ウキ~オモリまでの長さ】 2.2m

【エサの配合・バラケ】 ※前半と同じ

【エサの配合・食わせ】 力玉 大

 

【コメント】 参加選手の皆さん、お疲れ様でした。

今回はプラに行けず、ぶっつけ本番。真冬と言ったら段底かなと思い、そこから入りました。

タナまで持って、ナジんで抜けるくらいの圧でバラケを調整。

ウキが動いたら後はアタリが出るまで待つといった感じで釣り続けました。

運良くサイズ良いのが3枚混じってくれました。

後半は、前半と同じ段底から入るも、小さいのを2枚釣ってからアタリが遠のきました。

そこで8尺チョーチンへ変更。抜け気味でうどんがナジむのを待ち、そこでアタリがないときは誘ってアタリを出しました。

ほとんど全入れの厳しい展開でしたが、クラシックの出場権利とれて、ホッとしました!!

まだまだウインターがんばります!

2018年2月14日 10:35