日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2017年度 > NHC関西シリーズ2017

2017年11月 3日

関西-Wシリーズ第4戦 報告

優勝:後藤田義臣

RIMG6386◎ 平成29年11月3日(祝)/参加者27名

◎ 会場:釣堀センター 菊水(和歌山県)

 

◎ 特別協賛:マルキユー株式会社

  浅井庸介(四万十川海苔)/芝原明次(吉備だんご)/西田清隆(チキンラーメン)

◎ 撮影班:藤野利彦/丸山篤志/南 治孝/かもめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG6367RIMG6383RIMG6379

 

関西きっての巨べら管理釣り場に生まれ変わった釣堀センター菊水。

1枚長寸で競い合う池主催の月イチ大会は回を重ねる毎に人気を呼んでいる。

オーナーがかわり、リニューアルしてまだ3シーズン目。

総重量競技が中心だった「管理釣り場の楽しみ方」の概念を短期間で打ち砕いてしまった。

今大会の前日には小学生の釣り体験教室も行われ、金魚やメダカ釣堀も充実。

釣りファン育成にも力を入れはじめ、まだまだこれからが楽しみな管理釣り場だ。



長竿『グル底』炸裂、大型ラッシュ!

後藤田義臣選手が今期関西記録の8,720gで圧勝。

 

「大型狙い」という部分で共通している菊水とNHCトーナメント。

今回も多数の尺半が飛び出し、ビッグウエイトが続出した。



IMG_1016IMG_1026IMG_1025


■ 第1ステージ

前週の台風による大雨が影響したのか、今回の菊水ヘラはやや食い渋りを見せた。

予想通りに長竿が並んだが、競技が開始してしばらくは沈黙の時間が続く。

日が昇ってから4~5枡目を中心にようやく大きく竿が曲がり始め、菊水の本領を発揮した。

このステージでトップウエイト(4,810g)をマークしたのは、昨年の春の菊水戦を制した丸山篤志選手だった。

同選手は22.5尺の両グルで様子を探るべくタナを攻め分け、宙と底の両方でグッドサイズを揃えた。

2位は名手・後藤田義臣選手。こちらも長竿(21尺)両グルテン。

宙から入るも型が伸びず、底釣りにかえてからウエイトを伸ばして4,540g。

3位には菊水の大物ゲッター・山下由則選手が3,700gで続いた。

注目のビッグフィッシュ争いは、許斐昂明選手が1,550gでトップ。

若林真也選手が1,550gで2位につけた。



RIMG6373RIMG6381RIMG6377

■ 第2ステージ

午後からは全体にウエイトが伸び、前半に出遅れた南 治孝選手が48cm・1,810gの大物を含む5,780gのビッグウエイトを叩き出して他を圧倒した。

釣り方は21尺の両グルの底釣り。長めのハリス(65-75cm)で、硬めの小エサ & 小ウキのシステムが炸裂した。

驚くべきは、6kg近いウエイトながらも「勝負を急ぎ過ぎた」と後悔するほどリミットメイク後にサイズアップしたこと。8kg近いウエイトも可能だったというから南選手 & 菊水は恐るべし!

後半2位は会心の釣りを見せた若林真也選手。21尺の両グル底釣りでウエイトは5,250g。

3位の森田泰浩選手は30尺の底で勝負をかけて4,590gをマークした。

「ツボにハマったときの菊水は日本一かもしれない」と思わせるほど後半戦の上位陣は素晴らしいパフォーマンスを見せつけた。



IMG_1030

■ 総合成績

今回も菊水らしくスコアは大荒れとなった。

5枚で5kgがコンスタントに釣れるなんてあり得ない話。

総合成績でトップに立ったのは、前後半ともに4kg台で手堅くまとめた後藤田義臣選手。

前半2位、後半もグル底で4位(4,180g)。今期関西トップのウイニングウエイト(8,720g)をマークした。

準優勝は後半5kg台で追い上げた若林真也選手(7,770g)。

3位はG師匠とデッドヒートを繰り広げた許斐昂明選手(7,520g)。

4位は第2ステージのトップ賞とシリーズ総合優勝を獲得した南 治孝選手(7,300g)。

5位には藤野利彦選手が6,840gで続いた。


これでNHCレギュラーシリーズ戦の全日程が終了しました。

2018年ウインター関西シリーズはこの菊水からスタートします。

シビれるゲームにぜひチャレンジしてください。



IMG_1035IMG_1017IMG_1022IMG_1024IMG_1029IMG_1033

IMG_1031IMG_1032IMG_1034IMG_1036IMG_1037

RIMG6348RIMG6350RIMG6354RIMG6355RIMG6356RIMG6357

RIMG6359RIMG6361RIMG6375RIMG6369RIMG6370RIMG6371

IMG_1012IMG_1015IMG_1023RIMG6368RIMG6389



■ 2017 NHC 関西ウエスタン シリーズ 第4戦 成績
       1st.  2nd.  TOTAL
順位  No.  NAME  重量  数  重量  数  数  総重量
1 25  後藤田義臣 4,540 g 5 2位 4,180 g 5 4位 10 8,720 g
2 21  若林真也 2,520 g 3 8位 5,250 g 5 2位 8 7,770 g
3 202  許斐昂明 3,680 g 5 4位 3,840 g 5 6位 10 7,520 g
4 3  南 治孝 1,520 g 3 12位 5,780 g 5 1位 8 7,300 g
5 58  藤野利彦 3,060 g 4 6位 3,780 g 5 7位 9 6,840 g
6 201  丸山篤志 4,810 g 5 1位 1,890 g 4 15位 9 6,700 g
7 55  平山進一 3,570 g 4 5位 2,740 g 4 11位 8 6,310 g
8 38  芝原明次 2,600 g 2 7位 3,650 g 5 8位 7 6,250 g
9 6  森田裕之 2,450 g 3 11位 2,920 g 5 10位 8 5,370 g
10 123  森田泰浩 680 g 1 16位 4,590 g 5 3位 6 5,270 g
11 207  山下由則 3,700 g 5 3位 1,020 g 1 23位 6 4,720 g
12 209  森本 弘  g 0 27位 3,910 g 3 5位 3 3,910 g
13 79  浅井庸介 2,480 g 0 10位 1,170 g 1 21位 1 3,650 g
14 66  岸 裕之 2,490 g 3 9位 800 g 2 25位 5 3,290 g
15 28  板橋真也  g 0 20位 3,220 g 3 9位 3 3,220 g
16 42  芝原道治 1,080 g 2 15位 1,980 g 2 13位 4 3,060 g
17 208  山口好治 1,380 g 3 13位 1,400 g 2 19位 5 2,780 g
18 111  南 郁子 280 g 1 19位 2,120 g 5 12位 6 2,400 g
19 37  北川俊夫  g 0 22位 1,920 g 3 14位 3 1,920 g
20 31  小崎雅和 1,290 g 2 14位 480 g 1 27位 3 1,770 g
21 204  辻本直勝 460 g 1 18位 1,280 g 2 20位 3 1,740 g
22 203  勇谷盛久  g 0 24位 1,580 g 3 16位 3 1,580 g
23 29  七里明裕  g 0 21位 1,570 g 3 17位 3 1,570 g
24 206  太田敦久  g 0 26位 1,400 g 1 18位 1 1,400 g
25 205  杉山豊誠  g 0 25位 1,040 g 1 22位 1 1,040 g
26 210  田中正司 520 g 1 17位 500 g 1 26位 2 1,020 g
27 40  能口顕人  g 0 23位 940 g 2 24位 2 940 g

◎ステージTOP賞:1st.→丸山篤志(4,810g)/2nd.→南 治孝(5,780g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・南 治孝(1,810g)/2位・許斐昂明(1,570g)/3位・若林真也(1,550g)

◎ミニマム賞:許斐昂明(7,520g)



<今大会のTOP3>

 

優勝:後藤田義臣(No.25)RIMG6385


【第1ステージ】 釣り座(道路側)

【竿】 21尺

【ウキ】 G-model アルティメイトボディ 14 PC

【道糸】 サンライン(プロト) 0.8号

【ハリス・上バリ用】 サンライン 奏 0.4号/75cm

【ハリス・下バリ用】 サンライン 奏 0.4号/85cm

【上バリ】 極 ヤラズ 5号

【下バリ】 極 ヤラズ 5号

【釣り方】 両Gグルテン/底釣り

【エサの配合】 Gグルテン

 

【第2ステージ】 釣り座(山側)

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 宙から入るも、良型釣れず。底に付けてからサイズアップしました。

後半は私の対面でドラえもんM田選手が30尺底釣りでとてもイイ釣りしていました。

チキンえもん、いつでも30尺出してね。(^O^)

 

2位:若林真也(No.21)RIMG6387


【第1ステージ】 釣り座(道路側)

【竿】 21尺

【ウキ】 migiwa(ボディ13cm)

【道糸】 1.2号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/60cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/70cm

【上バリ】 ダンゴヒネリ6号

【下バリ】 ダンゴヒネリ6号

【釣り方】 両グルテン/底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 3.6m

【エサの配合】 凄グル[1] + 四季[1] + いもグル[0.3] + 水[1.8]

 

【第2ステージ】 釣り座(山側)

※すべて第1ステージと同じ

 

【コメント】 台風の影響が残っているのか、一日を通して渋い時合でした。

そんな状況下ながら久しぶりに床釣りを楽しめました。

8枚しか釣れませんでしたが、後半に5,250gで追い上げ、2位になることができました。

ありがとうございました。

 

3位:許斐昂明RIMG6390


【第1ステージ】 釣り座(道路側)

【竿】 22.5尺

【ウキ】 夢翔 両グルスペシャル(ボディ8.5cm)

【道糸】 1.0号

【ハリス・上バリ用】 0.5号/60cm

【ハリス・下バリ用】 0.5号/72cm

【上バリ】 鬼掛 きっさき 6号

【下バリ】 鬼掛 きっさき 11号

【釣り方】 両グルテン/底釣り

【エサの配合】 新べらグルテン底[100cc] + アルファ21[50cc] + 水140cc]

 

【第2ステージ】 釣り座(山側)

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 菊水は関西No.1の釣りが楽しめる素晴らしい釣り場。

大会当日はGうどんの底釣りもよく釣れていました。

Yes! Gうどん(笑)

2017年11月 3日 23:16