日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2017年度 > NHC特別大会2017

2017年4月 2日

第3回 巨べらトーナメント 報告

優勝:南 元彦

RIMG4110◎ 平成29年4月1日(土)/参加者25名

◎ 室生ダム(奈良県)

◎主催:NPO法人日本へらぶなクラブ/フィッシングハウス鮒屋

◎協賛:がまかつ/サンライン/マルキュー/モーリス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RIMG4105IMG_0570


<NHC野釣りオープン2017 特別大会>

12時間耐久 巨べらトーナメント in 室生ダム

室生ダムの乗っ込みシーズンに合わせて開催されるこのトーナメント。

夜明けから日没まで、1枚の巨べらを追い求める競技です。

第1、2回大会とも優勝は48.0cm。第3回となる今回もグッドサイズが飛び出しました。

 


IMG_0495名手・南 元彦選手がバースデー尺半!

今年は3月に入っても冷え込む日が多く、乗っ込みは遅れ気味。

下旬に入ってようやくハタキの前兆が見られかけたが、まさかの前日に雪・・・。

季節が冬へ逆戻りする厳しいコンディションでしたが、25人の巨べら師がエントリーしてくれました。

やはり釣果は厳しくなりましたが、この時期しか味わえないドキドキを楽しめました。

さぁ、これからが本番。ステキな出会いを求めて、もうひと頑張り!

 


<今大会のTOP3>

RIMG4110

 

優 勝:南 元彦(ポイント:四ツ本) ・46.0cm


◎竿(釣り方) :13尺(グルテンダンゴ系 チョーチン宙釣り)

◎道糸:2号/ハリス:1.25号(50-80cm)/ハリ: サイト15号

◎エサ:新べらグルテン[200cc] + 1:1マッシュ[200cc] + 巨べら[200cc] + グルテンLL[100cc] + 水[700cc] + 赤へら

※ボソっ気を残して仕上げ、手水で練りながら「やわやわ」にしてハリ付け。

※釣ったポイントの水深は19尺いっぱいでとどくぐらい。

IMG_0553

 

準優勝:嶌田直信(ポイント:放流場 66番)

43.2cm & 36.2cm


◎竿(釣り方):18尺(タナ1本の底釣り)

◎道糸:2.5号/ハリス:1.5号(30-38cm)/ハリ: サイト15号

◎エサ:マッシュ + 少量のグルテンLL

※エサは振り込み限界ぎりぎりのやわらかさ。

RIMG4106

 

3位:湧谷盛久(ポイント:放流場) ・42.0cm & 31.0cm


◎竿(釣り方):15尺(タナ2本の底釣り)

◎道糸:2号/ハリス:1号/ハリ: サイト13号

◎エサ:巨べら[1.8] + グルバラ[0.2]  + 新べらグルテン底[1] + 水[2]


<優勝魚>

IMG_0556IMG_0557


RIMG4100RIMG4101RIMG4112IMG_0533IMG_0506IMG_0510

IMG_0563IMG_0567IMG_0536IMG_0537IMG_0538IMG_0539

IMG_0540IMG_0541IMG_0542IMG_0543IMG_0544IMG_0545

IMG_0546IMG_0547IMG_0548IMG_0550IMG_0504IMG_0512

IMG_0511IMG_0518IMG_0519IMG_0520IMG_0522IMG_0525

 

IMG_0562IMG_0559IMG_0565IMG_0493IMG_0535IMG_0564IMG_0566


<放流基金>

もっともっと室生ダムの釣り場環境がよくなるように、

参加費の一部(一人@500円)を寄付しました。

RIMG4107

南 元彦大会委員長から、漁協管理人の平崎大介さんへ。



2017年4月 2日 11:23