日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2016年度 > NHC関西シリーズ2016

2016年5月10日

関西・Wシリーズ 第1戦 報告

優勝:丸山篤志

2016-05-05 15.55.06◎平成28年5月5日(祝)/参加者38名

◎会場:釣堀センター菊水(和歌山県)

◎特別協賛:株式会社サンライン/釣堀センター菊水/奥 貴至/岩佐 進

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

室生の若き巨べら師、丸山篤志選手のグル宙炸裂!

2016-05-05 13.42.562016-05-05 15.53.292016-05-05 14.55.14

巨べら狙いの釣り場に変身した釣堀センター菊水。

捨て身で勝負をかければ1ステージ5kg UPも期待できるポテンシャルを秘めている。

NHC5枚重量競技には厳しくもあり、熱くなれるフィールドだ。

2016-05-05 08.44.052016-05-05 08.46.192016-05-05 10.57.08

<第1ステージ>

前評判通り、一発勝負をかける選手は長竿のグル宙、ペレット系の底釣り、両うどんで勝負を挑んできた。

しかし、簡単にグッドサイズでリミットメイクできるほどこの釣り場は甘くはない。

次第に風が強くなって長竿組は苦戦を強いられた。

前半トップは唯一3kgをクリアした花尾好章選手。長竿の宙で1,300gフィッシュを仕留めた後、9尺チョーチン感嘆セットで手堅くまとめて3,020gとした。

2位はNHC初参加の川村雅一選手。4枚ながら18尺バラグルでグッドサイズを揃えて2,870g。

3位は底釣りで5枚2,780gをキープした前山智孝選手だった。

5枚のフラシリミットを揃えたのは38選手中6選手。

午前のビッグ1は、西田清隆選手の45cm1,660gだった。

2016-05-05 12.45.152016-05-05 14.41.272016-05-05 12.04.04

<第2ステージ>

この日の菊水は午後からサイズが大きく伸びた。

圧巻は菊水常連選抜の森本 弘選手。長竿グル宙で3枚ながら1,200~1,300gのグッドサイズを揃え、3,790gのトップウエイトをマークした。

5枚5kgの壁は近いうちに乗り越えられるかもしれないと思わせる大勝負だった。

2位は1,580gを頭に3,760gとトップに迫るウエイトをキープした丸山篤志選手。

同選手も長竿グル宙。前半を5位(2,580g)で折り返し、一気に優勝争いに加わった。

このステージ3位は底釣りでキロアップを仕留めた森田裕之選手(2,950g)。

そしてラストタイムにG杯チャンプの前山智孝選手が今大会のビッグフィッシュ賞となる1,880gをゲットして盛り上げてくれた。

2016-05-05 08.00.542016-05-05 08.44.572016-05-05 12.03.58

<総合成績>

トータルウエイトは前半5位、後半2位の丸山篤志が6,340gでトップ。室生ダムの若き巨べら師が菊水でもその非凡なテクニックを見せつけた。

準優勝は後半もバラグルでウエイトを伸ばした川村雅一選手(5,630g)。

3位にはチョーチンセットで手堅くまとめた花尾好章選手(5,560g)が入賞を果たした。

2016-05-05 08.02.382016-05-05 08.20.182016-05-05 08.44.502016-05-05 09.31.352016-05-05 10.03.062016-05-05 10.03.11

2016-05-05 10.57.022016-05-05 12.03.422016-05-05 12.05.462016-05-05 12.08.352016-05-05 12.09.152016-05-05 13.41.46

2016-05-05 08.46.572016-05-05 14.23.442016-05-05 14.40.152016-05-05 14.40.192016-05-05 14.40.492016-05-05 14.41.11


■2016NHC関西ウエスタンシリーズ第1戦 成績
順位 No. NAME  1st.  2nd.  TOTAL
 重量  数  重量  数  数  総重量
1 214  丸山篤志 2580 5 5 3760 5 2 5 6340
2 206  川村雅一 2870 4 2 2760 5 4 9 5630
3 209  花尾好章 3020 5 1 2540 5 9 10 5560
4 33  前山智孝 2780 5 3 2660 3 5 8 5440
5 1  南 治孝 2260 5 8 2590 5 7 10 4850
6 208  大西 優 2280 4 6 2360 4 11 8 4640
7 210  川村元延 2020 2 12 2600 5 6 7 4620
8 2  袋瀬健二 1860 5 15 2590 4 8 9 4450
9 87  南 郁子 2270 5 7 2120 5 14 10 4390
10 211  森本 弘 0 0 37 3790 3 1 3 3790
11 91  西田清隆 1870 2 14 1870 4 17 6 3740
12 207  佐藤順一 2150 4 10 1480 4 20 8 3630
13 88  許斐昂明 1560 2 17 1880 5 16 7 3440
14 44  森田裕之 360 1 29 2950 5 3 6 3310
15 47  中野雅治 2630 4 4 460 1 29 5 3090
16 15  林 貴史 1870 4 13 1200 3 23 7 3070
17 56  岡上宏明 1320 3 22 1610 4 19 7 2930
18 73  繁崎晴紀 940 2 24 1900 4 15 6 2840
19 78  岩佐 進 560 1 25 2270 4 12 5 2830
20 45  平山進一 540 1 26 2240 5 13 6 2780
21 57  寺内康博 280 1 30 2450 5 10 6 2730
22 6  芝原明次 1730 4 16 930 2 24 6 2660
23 18  七里明裕 1340 3 21 1310 3 21 6 2650
24 212  山下由則 2230 2 9 400 1 31 3 2630
25 90  下野弦希 1420 3 18 920 2 25 5 2340
26 205  箕造鉄也 1350 4 20 780 2 27 6 2130
27 77  能口顕人 2020   11 0 0 35 0 2020
28 201  岩倉崇晃 1160 2 23 700 1 28 3 1860
29 22  佐古口行隆 1410 3 19 410 1 30 4 1820
30 40  中島 忠 0 0 32 1630 4 18 4 1630
31 202  児玉幸恭 0 0 35 1280 3 22 3 1280
32 31  芝原道治 0 0 31 790 2 26 2 790
33 66  岸 裕之 440 1 27 0 0 33 1 440
34 71  築山宗之 420 1 28 0 0 34 1 420
35 46  木戸裕二 0 0 33 0 0 32 0 0
36 89  下野正希 0 0 34 0 0 36 0 0
37 204  浅井庸介 0 0 36 0 0 37 0 0
38 213  岡田陽子 0 0 38 0 0 38 0 0

◎ステージTOP賞:1st.→花尾好章(3,020g)/2nd.→森本 弘(3,790g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・前山智孝(1,880g)/2位・西田清隆(1,660g)/3位・丸山篤志(1,580g)/4位・川村雅一 & 森本 弘(1,370g)

◎ミニマム賞 & レディース賞:南 郁子(4,390g)

<お詫び> 大会当日、ビッグフィッシュ3位の順位を間違って発表しました。

正しくは3位・丸山篤志選手です。訂正して、お詫びします。



  今大会のTOP3
2016-05-05 15.55.06
  優 勝:丸山篤志

【第1ステージ】 釣り座No.2

【竿】 21尺

【ウキ】 夢翔PCムクトップ(全長38cm/トップ21cm/ボディ8cm)

【道糸】 0.8号

【ハリス・上バリ用】 0.4号/60cm

【ハリス・下バリ用】 0.4号/80cm

【上バリ】 4号

【下バリ】 4号

【釣り方】 両グルテン/宙釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 150cm

【エサの配合】 新べらグルテン[100cc] + わたグル[30cc] + 水[100cc]

【第2ステージ】 釣り座No.33

※竿・シカケ・釣り方はすべて第1ステージと同じ

【エサの配合】 グルテン四季[70cc] + わたグル[30cc]

【コメント】 釣りはじめはボソっ気のあるエサを回転よく打ち、「止め」や「受け」が出ると小さくしっかりとエサ付けし、確実なアタリを取っていきました。

アタリが遠のくと上バリにはラフ付け、下バリにはしっかりとエサ付けし、常にウキを動かし続20160509205238けることを心がけました。

前後半ともに食いアタリは安定していたのでとても楽しい1日でした。

<P.S>

祝勝会は松阪牛のすき焼きでした。とても美味しくいただきました。

参加選手の皆さん、ありがとうございました。ごっつぁんです!

2016-05-05 15.53.33
  準優勝:川村雅一

【第1ステージ】 釣り座No.5

【竿】 FX18尺

【ウキ】 クルージャン(ボディ8cm/パイプトップ)

【道糸】 スペクトロンHP 0.8号

【ハリス・上バリ用】 スペクトロンHP  0.4号(7cm)

【ハリス・下バリ用】 スペクトロンHP  0.4号(60cm)

【上バリ】 D-MAX Pマルチ6号

【下バリ】 D-MAX マルチ4号

【釣り方】 バラケにグルテンのセット釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 1.5m~2.5m

【エサの配合・バラケ】 ペレ匠顆粒[120cc] + 水[300cc] + 鬼武者[240cc] + ベース?[240cc] + ペレ匠ダンゴ[120cc]

【エサの配合・食わせ】シルキー2[20cc] + シルキー1[10cc] + 水[50cc]

【第2ステージ】 釣り座No.27

【竿】 FX18尺

【ウキ】 クルージャン(ボディ9cm/パイプトップ)

【道糸】 スペクトロンHP 0.8号

【ハリス・上バリ用】 スペクトロンHP(0.5号/12cm)

【ハリス・下バリ用】 スペクトロンHP(0.4号 75cm)

【上バリ】 D-MAX Pマルチ7号

【下バリ】 D-MAX マルチ4号

【釣り方】 バラケにグルテンのセット釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 1.5m~2.5m
【エサの配合・バラケ】 ペレ匠顆粒[120cc] + 水[300cc] + 鬼武者[240cc] + 速攻かっつけ[240cc] + ベース?[120cc]

【エサの配合・食わせ】 シルキー2[30cc] +水[50cc]



2016-05-05 15.53.05
  3 位:花尾好章

【第1ステージ】 釣り座No.7

【竿】 9尺

【ウキ】 自作(ボディ5cm)

【道糸】 東レ将鱗へらTYPEⅡ 0.8号

【ハリス・上バリ用】 東レ将鱗へらスタンダードハリス(0.5号/8cm)

【ハリス・下バリ用】 東レ将鱗へらスタンダードハリス(0.4号/40cm)

【上バリ】 5号

【下バリ】 2号

【釣り方】 チョーチンセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 2.7m

【エサの配合・バラケ】 粒戦[50cc] + とろスイミー[50cc] + 水[180cc] +セット専用バラケ[200cc] + パウダーベイト[200cc] +軽麩[100cc]

【エサの配合・食わせ】 感嘆

【第2ステージ】釣り座No.36

【竿】 9尺

【ウキ】 自作(ボディ5cm)

【道糸】 東レ将鱗へらTYPEⅡ 0.8号

【ハリス・上バリ用】 東レ将鱗へらスタンダードハリス(0.5号/8cm)

【ハリス・下バリ用】 東レ将鱗へらスタンダードハリス(0.4号/50cm)

【上バリ】 5号

【下バリ】 2号

【釣り方】 チョーチンセット

【ウキ~オモリまでの長さ】 2.7m

※エサは第1ステージと同じ。

【コメント】 午前は21尺ペレ宙・両グルテンから入りました。幸先よく1,300gを1枚釣り上げたものの、その後は向かい風が強くなって振り込みが安定せず、アタリも散発だったため、感嘆セットに切り替えて5枚揃えました。

午後は魚が薄いとされるエリアだったことから喰い渋りを想定し、はじめから感嘆セットで入って無難に5枚まとめました。

当日は49cm以上のヘラブナも上がっていた菊水。皆さん、ぜひ足を運んでみてください !


2016年5月10日 00:50