日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2015年度 > NHC特別大会2015

2015年4月 6日

12耐・巨べらトーナメント 報告

優勝:守本幸能(48.0cm)

RIMG4149◎平成27年4月4日(土)/参加者:18名

◎会場:室生ダム(奈良県)

◎主催:NPO法人日本へらぶなクラブ/フィッシングハウス鮒屋

◎協賛:がまかつ/サンライン/松岡釣具 MFC/マルキュー/明邦化学工業/モーリス

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015 NHC 野釣りオープン第1回 『12時間耐久 巨べらトーナメント』

20150404212440


RIMG4135

ド迫力のヨンパチ。

守本幸能選手が自己新記録で優勝!

桜が三分咲きとなった室生ダムで今年最初のNHC野釣りオープンが開催された。

この大会を乗っ込みシーズンに開催するのは今回が初めて。

特別な時期ということで競技時間は異例の12時間(夜明けから日没まで)と長めに設定した。

「狙うは巨べらのみ!」ということで、1枚長寸で競い合った。

 


◎大会前日は激釣れ状態だったが・・・

大会前日(4月3日)は釣り場全体で20枚前後の尺半上が上がり、佳境へ突入。

放流場では一人で尺半を4枚も仕留めた人もいた。

さらに前夜の温かい雨。

『巨べらトーナメント』の企画はドンピシャにハマったかに思えたのだが・・・、ハタキ直前の荒食いXデーはどうやら大会前日だった。

大会当日は本バタキ状態。巨べらたちは食い気よりも色気が増し、口を使わなくなってしまった。

しかし、室生通いを続けるヘラブナ釣り歴30年の大ベテラン、守本幸能(ゆきよし)選手(柏原市)がやってくれた。20150404212210

スレ掛かりが多く、ボヤキはじめたときにその記念すべき一枚のヘラがエサを落とした。

竿は8尺、マッシュとグルテンのセット釣り。

エサが着底したナジミ際に、チクッというこれまでとは違うアタリ。

「あのアタリにうまく手が動いてくれた」と守本さん。

左右のボサに巻かれることなく、重量感たっぷりの48.0cmを仕留めることに成功した。

以前はウドンの底釣りがメインだったが、最近は野釣り一本という守本さん。室生ダムに通い始めて7~8年という。これまでの大物記録は野池で上げた47cm、室生ダムでは45.5cmだったので、大幅な自己記録更新で『第1回・巨べらトーナメント』のウイナーに輝いた。

守本さん、おめでとうございます!

 


◎第1回 巨べらトーナメント 成績

今回の参加者は18名。検寸対象となる38cm以上を釣り上げたのは8選手だった。

 順 位  選 手 名  体 長  ポ イ ン ト
 1  守本幸能  48.0cm  52番(事務所下)
 2  嶌田直信  43.7cm  59番(放流場下手)
 3  芝原明次  43.5cm  95番(ポンプ小屋ワンド)
 4  上条 勲  42.5cm  47番(山幸園)
 5  松浦良一  40.5cm  57番・右
 6  米田和夫  39.5cm  30番
 7  永峯 誠  39.0cm  57番
 7  南 元彦  39.0cm  50番

<今大会TOP3・ウイニングタックル & エサ>


 優勝:守本幸能(ポイント52番・事務所下)
 ◎釣り方:竿8尺の床釣り(上バリとんとん)
 ◎仕掛け:道糸2.5号/ハリス1.5号(上40cm-下47cm)/ハリ・ゴスケ14号
 ◎バラケエサ:マッシュ[3]+新B[ひとつかみ]+水[3]
 ◎クワセエサ:新べら底[1]+新べら[1]+水[1.8]・・・手水でやわらかめに調整
 

 準優勝:嶌田直信(ポイント59番・放流場下手)
 ◎釣り方:竿9.3尺・両マッシュの床釣り
 ◎仕掛け:道糸2.5号/ハリス1.5号(上30cm-下38cm)/ハリ・サイト15号
 ◎エサ:マッシュ[2]+水[2]+赤へら[1]

 
 3位:芝原明次(ポイント95番・ポンプ小屋ワンド)
 ◎釣り方:竿9尺の床釣り
 ◎仕掛け:道糸1.5号/ハリス1.0号(上40cm-下50cm)/ハリ・グラン13号・15号

 


RIMG4109RIMG4129RIMG4116

悩める期待の若手、大会副委員長の丸山篤志君と、迫 昴明君。スレ掛かりに悪戦苦闘!


RIMG4098RIMG4100

南 元彦さんは美味しいもつ鍋を作ってくれました。


RIMG4138

同じカメを4回も釣り上げたシバガメさん(笑)。でも、きっちり3位入賞。


RIMG4131RIMG4132

通称「一軒家」でがんばる巨べら師・ルークさん。


RIMG4126RIMG4136

乗っ込み期の本命、地蔵橋ワンドでも48cmが上がっていた。


RIMG4145RIMG4121

マルキューさんのブルゾンをゲットしてポーズをキメる平崎大介さん。XLサイズもビチビチ。(笑)

本気で挑んだ大ちゃんもスレ掛かりに悩んでました。


RIMG4106RIMG4104RIMG4107

放流場に入った佐古口行隆さん。巨べらのスプラッシュを何度も浴びていました。(笑)


<P.S>

事務局Kは前日の爆釣ポイントに入りましたが、見ごと撃沈・・・。期待が大きかっただけに、ショックがデカすぎちゃん。

参加者の皆さん、12時間の競技、お疲れさまでした。

でも、ほとんどの方が翌日も釣りをするとのことでした。皆さん、スキモノですよね~。

この大会、これからも続けていきたいな~と思いました。(NHC事務局 K)


2015年4月 6日 10:13