日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント

2012年11月 5日

「関西シリーズ」第4戦(甲南)報告

優勝:芝原道治

PB030129a

 ◎2012年11月3日(祝)

 ◎会場:甲南へらの池 /参加者:21名

 ◎特別協賛:株式会社がまかつ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2nd.ステージ、芝原道治選手のバラグル大爆発!

シリーズチャンプは土屋直人選手に決定!

PB030102 PB030126

PB030094 PB030063

関西シリーズ最終戦は、 大会当日にグッドサイズの新ベラが放流されるというかつてないケースでの競技となった。

すでに当日までに2度の放流が行われ、5日前の月曜日にはなんと平均1.2kg(最大2.2kg) のグッドサイズが入り、受付に集まった選手は新ベラ攻略法の話で持ちきりだった。

当日の放流はゲーム展開に影響が出てはいけないということで競技終了後に予定されていたが、 養魚場から「できれば早めに放流を済ませたい」という連絡が入り、 参加選手の承諾を得て第1ステージ終了後の昼休憩時間に放流が行われることになった。

釣り人という生き物はほとんどがポジティブシンキング。「今日はバクバクかも?」 と期待に胸を膨らませ、競技開始の時間を待った。

■第1ステージは七里明裕選手がバラグルでトップウエイト!

PB030049 PB030066 PB030064

肌寒さを感じる中で競技スタート。新ベラは上がっているけれど、今ひとつ食い渋っている。しかし、 キロUPがわんさかいることは確かなので、NHC5匹重量ではやはり新ベラを狙わずにはいられない選手が多く、 いつも以上にMAX15尺の長竿が多かった。

しかし、釣り方、エサ、タナは各選手ともバラバラ。好釣果が出ていたらある程度傾向はあるが、 各選手とも手探り状態。タナは底釣り、床前(深宙)、1本半。エサはペレット系、グルテン系、 バラグル、ペレット&グルテンと、気ままな新ベラにあらゆる角度からのアプローチになった。

第1ステージに3,510gのトップウエイトをマークしたのは、 開始早々から好調に竿を曲げていた七里明裕選手。竿15尺のバラグル(ハリス10-70cm)で、タナは2本だった。

2位は名手の斉藤心也選手で、15尺の両グル底釣りで新ベラをゲット。エサはシンプルにペレットグルテン単品、ハリスは40-47cmだった。

3位は佐藤順一選手で、15尺両グルの宙釣りでタナは一本半。ハリスは30-40cmだった。

■第2ステージは芝原(兄)選手が4kg UPのビッグウエイト!

PB030090 PB030107 PB030098

昼休憩時間に養魚場のトラックが到着し、平均36cm、 800g~1kgの見ごとなヘラブナが第2ステージ開始の15分前くらいから放流された。

カワチブナの養魚では広く名前が知られている大阪の山口養魚場産。体高があり、 バツグンのプロポーションした上物ばかり。放流を間近で見学した参加選手たちはまさに「生つばゴックン」という感じ。参加選手はドキドキ、 ソワソワ、ムズムズ・・・と、かつてない雰囲気の中で競技開始の合図を待った。

第2ステージが始まると、真昼間というのにモワッ、モワッと放流地点に近いエリアからモジリができ、 その度に歓声が上がる。一攫千金でキロフィッシュを狙うムードが釣り場全体に漂った。

第2ステージ、最初に新ベラを仕留めたのは大ベテランの芝原道治(兄)選手。 キロ近いグッドサイズの後に、この日のビッグフィッシュ賞1位となる1,280gをバラグルでゲット。その後もすべてグッドサイズで揃え、 5匹・4,290gまでウエイトを高めてフィニッシュ。第1ステージの上位3選手がスコアを崩したことでシバニーの大逆転で決着が付いた。

第2ステージ2位は芝原明次選手(弟)で、15尺の両グル。状況に合わせ、 宙と底を攻め分けて3,930gをマーク。総合成績でも準優勝となり、兄弟で1・2フィニッシュとなった。

総合3位は両グルの宙釣りで前・後半ともに3kgをクリアした藤原道明選手、 第4位には第1ステージ首位の七里明裕選手が入賞。そして第5位にはシリーズ総合成績で独走する土屋直人選手が食い込み、 2度目の関西シリーズチャンピオンに輝いた。

PB030123 PB030109 PB030097

思いのほか攻略が難しかった新ベラ・ゲームだったが、ポロッ、ポロッと絶妙のタイミングで食ってくれ、 興奮の最終戦を演出してくれた。

甲南の新ベラさん、クラシックのときも頼みまっせ!(事務局K)


■5匹・4,290g。今シーズンのNHCレコード更新!

 PB030122 PB030121

▲ベテラン奮起。ウイナーの芝原道治選手が今シーズンの5匹重量ウエイトを更新。へらぶなクラシックが楽しみだ。

PB030105 PB030106 PB030099

▲エサはボソッ気のあるバラケにグルテンの食わせでした。


■あのアツシ君、NHCトーナメントデビュー!

PB030001 PB030031 PB030035

室生ダムでガンガン巨ベラを釣り上げている丸山篤志君(高校3年)がNHCトーナメントに初参戦してくれた。ツッチーとともに、 これからが楽しみなヘラ師だ。


■初出場の早瀬智美さんがミニマム賞&ルーキー賞!

PB030057 PB030005 PB030030

いつもは海釣りという釣りガール・早瀬智美さんが見ごとリミットメイク達成。お見ごと!


PB030006 PB030007 PB030036 PB030038 PB030039

PB030040 PB030041 PB030042 PB030043 PB030044

PB030045 PB030047 PB030050 PB030051 PB030052

PB030058 PB030060 PB030065 PB030067 PB030068

PB030072 PB030092 PB030108 PB030109 PB030110

PB030114 PB030115 PB030116 PB030117 PB030127


■突然の新べらカーニバル

PB030009←この1枚の貼り紙から筋書きのないドラマが始まった。

PB030076 PB030083

戦略は大きく変わることが予想できたが、参加者全員が“爆釣”を夢見て承諾した放流の前倒し。バクバクとはいかなかったけれど、 やはり大どんでん返しが待っていた。

PB030086 PB030074 PB030075


■NHC関西シリーズ第4戦 成績

       1st.    2nd.    TOTAL
順位  No.  NAME  重量  数  重量  数  数  総重量
1 23  芝原道治 2630 5 4290 5 10 6920
2 26  芝原明次 2600 5 3930 5 10 6530
3 20  藤原道明  3070 5 3210 5 10 6280
4 15  七里明裕 3510 5 2260 5 10 5770
5 49  土屋直人 2510 5 3260 5 10 5770
6 2  若林真也 2620 5 2740 5 10 5360
7 80  斉藤心也 3370 5 1950 5 10 5320
8 22  清水盛三 2540 5 2530 3 8 5070
9 38  下野正希 2630 5 2260 5 10 4890
10 41  中野雅治 1940 4 2670 5 9 4610
11 52  三並広人 1560 4 3050 5 9 4610
12 68  中山正文 2130 4 2420 5 9 4550
13 81  佐藤順一 3150 5 1220 2 7 4370
14 104  早瀬智美 2060 5 1970 5 10 4030
15 102  丸山篤志 2220 5 1800 4 9 4020
16 67  藤井正彦 2170 5 1830 3 8 4000
17 51  繁崎晴紀 1260 2 2720 5 7 3980
18 101  中島 忠 2490 5 1410 3 8 3900
19 53  山端 茂 2050 4 1290 4 8 3340
20 103  吉田 覚 1810 4 970 2 6 2780
21 4  木戸裕二 1590 3 670 2 5 2260

※レギュラーシリーズ戦は各大会上位5名(※会員限定)と、シリーズ総合成績上位50%に 『NHCへらぶなクラシック』の出場権が与えられます。

◎ステージTOP賞:1st.→七里明裕(3,510g)/2nd.→芝原道治(4,290g)

◎ビッグフィッシュ賞:1位・芝原道治(1,280g)/2位・佐藤順一(1,100g)/3位・ 三並広人 (1.080g)

◎ミニマム賞&ルーキー賞:早瀬智美(4,030g)


<今大会TOP3>

PB030129

■優勝:芝原道治(No.23)

 

 

 


PB030130

■2位:芝原明次(No.26)

【第1ステージ】 釣り座No.22

【竿】 15

【ウキ】 彰作(全長34cm/トップ16cm/ ボディ8cm

【道糸】 バリバス・プロバージョン0.8

【ハリス・上バリ用】 バリバス・プロバージョン0.5号/40cm

【ハリス・下バリ用】 バリバス・プロバージョン0.5号/50cm

【上バリ】 グランバリ5

【下バリ】 グランバリ5

【釣り方】 両グルテン/宙釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 250cm

【エサの配合】 やわグル[50cc]+グルテンダッシュ[100cc]+水[160cc]

 

【第2ステージ】 釣り座No.6

【竿】 15

【ウキ】 彰作(全長34cm/トップ16cm/ ボディ8cm

【道糸】 バリバス・プロバージョン0.8

【ハリス・上バリ用】 バリバス・プロバージョン0.5号/50cm

【ハリス・下バリ用】 バリバス・プロバージョン0.5号/70cm

【上バリ】 グランバリ5

【下バリ】 グランバリ5

【釣り方】 両グルテン/底釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 300cm

【エサの配合】 やわグル[50cc]+グルテンダッシュ[50cc]+水[120cc]

 

【コメント】 事前情報では1.2kgクラスの新ベラが入ったとのことだったので、迷わず15尺を出しました。

「宙」か「底」かで迷いましたが、新ベラの状況に 合わせようと底→宙→底といろいろタナを変え、苦労しながらも新ベラをゲットできました。

クラシックも両グルテンで優勝狙いまっせ~。


PB030128

■3位:藤原道明(No.20)

【第1ステージ】 釣り座No.7

【竿】 15

【ウキ】 全長37cmPCムクトップ20cm/ボディ10.5cm

【道糸】 1.0

【ハリス・上バリ用】 0.4号/44cm

【ハリス・下バリ用】 0.4号/50cm

【上バリ】 アラシ6

【下バリ】 アラシ6

【釣り方】 両グルテン/宙釣り

【ウキ~オモリまでの長さ】 150cm

【エサの配合】 グルテンダッシュ[120cc]+やわグル[120cc]+水[180cc]

 

【第2ステージ】 釣り座No.23

※すべて第1ステージと同じ。

 

【コメント】 第1、 第2ステージともに両グルテンの宙釣りで通しました。テンポよく打っていくことを心がけ、 ステージ半ばにグッドサイズを入れることができ、両ステージともに3kg台を出すことができました。

2012年11月 5日 19:10