日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 2011年度 > 特別大会2011

2011年11月16日

第1回うどん底釣り大会(王仁) 報告

優勝:渡藤節雄

◎開催日:2011年11月12日(土)

◎王仁新池釣りセンター(大阪府)/参加者:45名

◎特別協賛:がまかつ/サンライン/Gうどん本舗/DUEL/東レインターナショナル/ハヤブサ/松岡釣具(MFC) /マルキュー/明邦化学工業/王仁新池釣りセンター/藤野利彦(安納芋)/木戸裕二(ジュース)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・

渡藤節雄選手が「重量」&「得点」2部門制覇!

PB120052 PB120054

PB120047 PB120011

NHC初となる『うどん底釣り大会』。NHC関西のうどん好きメンバーに加え、超大ベテランや 「うどんに初挑戦 !」というビギナーまで総勢45名が王仁新池に集まった。 桟橋の端から端までギリギリで一列に並ぶことができ、この釣りならではの繊細な底釣りテクニックを競い合った。

第1ステージは「総重量」戦。この日は釣具量販店のエサ教室や例会も入り、 フィッシングプレッシャーは最高潮。しかし、1週間前の新べら放流効果もあり、スローペースながら開始早々から竿が曲がった。 10匹をカウントしたのは12名で、 20匹をキープしたベテラン渡藤(わたとう)節雄選手が6,700gで暫定トップ。竿は7尺、 ハリスは30cmと36cmだった。

暫定2位につけたのは長竿(15尺)で攻めた石川達也選手で、13匹4,600g。 3位の佐古口行隆選手も長竿(13尺)で4,290gをキープした。全体にアベレージサイズ(300g前半)が主体で、 500gを超える魚は数匹だった。

第2ステージは「5匹検量」戦。慣れない競技ルールに戸惑いながら、 和気あいあいの楽しい後半戦となった。昼からの時合落ちが心配で「全入れ」の選手も多かったが、勝負に出た前山智孝選手が2,380g、 後藤田義臣選手が760gのグッドサイズをキャッチして2,140gとこの2選手が5匹で2kgをクリアして追い上げた。

総合成績は第1ステージの上位陣が後半も踏ん張り、上位2選手の順位は変わらず。 渡藤節雄選手が後半も1,850g(5位)のスコアでトータル96Pを叩き出してNHC初代うどん王に輝いた。

2位、3位は93Pの同得点でトータルウエイト勝負。 後半に1,830gとスコアをまとめた石川達也選手が逃げ切って準優勝。後半に1,860g(4位) と追い上げた中道将浩選手が3位入賞を果たした。4位には佐古口行隆選手、 5位には藤野利彦選手と5匹検量の戦い方を知っているNHCメンバーが続いた。

注目のビッグフィッシュ賞はデッドヒートで、 後半に後藤田義臣選手が760gを釣っり上げて勝負あったと思われたが、そのすぐ後に田口哲章選手が800gを釣り上げて決着がついた。

今大会は関西の重鎮たちが多数出場する 「うどんオールスターゲーム」のような大会になったが、 この釣りが初めてという方も6名、始めたばかりの方も数名いて有意義な一日となった。

PB120001 PB120002 PB120003 PB120004 PB120005

PB120012 PB120026 PB120028 PB120031 PB120032

PB120033 PB120034 PB120036 PB120039 PB120045

PB120042 PB120043 PB120040 PB120059 PB120062

PB120022

▲後藤田義臣名人のうどん釣り教室も大盛況。ベテランもかぶりついていました。

PB120014

▲G杯をはじめ、数多くのタイトルをものにしてきた伝説のうどん師、「あ~ちゃん」こと袋瀬麻生さん。 「また参加してくださいね」と声をかけると「来年? う~ん、生きてるかな・・・」とユーモア溢れる釣り名人だ。

PB120015 PB120013

▲これぞ“すし詰め”。心配された駐車場の入庫率は103%。ちょびっとハミ出しましたが、たいへんよくできました。


■第1回 NHC うどん底釣り大会!

       第1ステージ  第2ステージ  TOTAL
  No. 氏名 重量 重量 重量
1 126  渡藤節雄 6700 20 50 1850 5 46 8550 96
2 119  石川達也 4600 13 49 1830 5 44 6430 93
3 36  中道将浩 3900 13 46 1860 5 47 5760 93
4 25  佐古口行隆 4290 13 48 1650 5 38 5940 86
5 9  藤野利彦 2830 8 37 1920 5 48 4750 85
6 104  粂川 勉 3330 10 42 1750 5 41 5080 83
7 117  松井清孝 3080 9 38 1850 5 45 4930 83
8 108  山下真司 3090 10 39 1790 5 43 4880 82
9 113  袋瀬麻生 3100 10 40 1780 5 42 4880 82
10 120  江藤 隆 3520 11 44 1500 5 34 5020 78
11 67  斉藤心也 3370 10 43 1530 4 35 4900 78
12 129  福田高士 3230 13 41 1570 4 37 4800 78
13 50  前山智孝 2090 6 27 2380 5 50 4470 77
14 125  辻本史明 2730 7 36 1710 5 40 4440 76
15 53  後藤田義臣 2060 7 26 2140 5 49 4200 75
16 52  岸田 浩 4160 13 47 1210 4 26 5370 73
17 114  小田部弘志 2550 7 35 1560 5 36 4110 71
18 34  白木 恵 2330 6 32 1480 4 33 3810 65
19 1  南 治孝 2510 8 34 1300 4 28 3810 62
20 55  南 郁子 2330 6 31 1350 4 31 3680 62
21 19  若林真也 960 3 17 1710 5 39 2670 56
22 110  松本俊郎 3690 10 45 0 0 10 3690 55
23 107  若林 悟 2330 7 30 1040 3 23 3370 53
24 123  平岡正士 1080 3 21 1300 3 29 2380 50
25 49  芝原明次 820 2 16 1360 4 32 2180 48
26 103  河中成訓 2180 7 28 440 1 18 2620 46
27 106  佐藤在利 1250 4 22 1100 3 24 2350 46
28 17  藤原道明 2420 7 33 290 1 11 2710 44
29 111  田口 哲章 990 3 18 1100 2 25 2090 43
30 30  吉村 浩 1070 3 20 1040 3 22 2110 42
31 128  田出橋広幸 640 2 12 1310 4 30 1950 42
32 124  前山仁孝 2000 7 24 390 1 15 2390 39
33 10  岩倉崇晃 2190 7 29 0 0 10 2190 39
34 118  梶谷一彦 1430 4 23 340 1 14 1770 37
35 127  今西宏暉 2050 6 25 0 0 10 2050 35
36 112  大内孝司 730 2 14 670 2 20 1400 34
37 105  中村清治 730 2 15 640 2 19 1370 34
38 101  岡田武晴 0 0 7 1260 3 27 1260 34
39 61  下野正希 390 1 9 820 2 21 1210 30
40 115  河部徳男 1020 3 19 0 0 10 1020 29
41 122  大石智也 430 1 11 410 1 16 840 27
42 58  渡辺恭次 390 1 10 430 1 17 820 27
43 116  西口繁生 670 2 13 340 1 13 1010 26
44 40  久保正博 0 0 7 330 1 12 330 19
45 102  岡田直子 310 1 8 0 0 10 310 18

◎BIG FISH賞:1位・田口哲章(800g)/2位・後藤田義臣(760g)/3位・前山智孝(710g)

◎ステージTOP賞:1st.→渡藤節雄(6,700g)/2nd.→前山智孝(4,470g)

◎レディース賞:南 郁子(62P/3,680g)

◎ルーキー賞:辻本史明(76P/4,440g)

◎ミニマム賞:若林真也(2,670g)


<今大会のTOP3>

■優勝:渡藤節雄

PB120054

【第1ステージ】 釣り座No.6

【竿】7

【ウキ】くし玉 幸(全長25cm/トップ12cm/ ボディ8.5cm

【道糸】0.6

【ハリス・上バリ用】0.3号/30cm

【ハリス・下バリ用】0.3号/36cm

【上バリ】がまかつ関スレ3

【下バリ】がまかつ関スレ3

【エサの配合】 Gうどん+ペレット

 

【第2ステージ】釣り座No.21

【竿】飛翔天8

※他は第1ステージと同じ

 

【コメント】 今大会は釣り座にも恵まれ優勝することができました。今後も伝統的なうどんの底釣りの技法を磨き、 この釣りを守っていきたいと思います。

このような大会を1つでも多く開催していただき、 いろいろな釣りを学んでいきたいと考えています。

最後に役員の皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。


■準優勝:石川達也

PB120055

【第1ステージ】 釣り座No.47

【竿】15

【ウキ】ボディー9cm/ パイプトップ (自作)

【道糸】0.6

【ハリス・上バリ用】0.3号/ 35cm

【ハリス・下バリ用】0.3号/ 41cm

【上バリ】コム4

【下バリ】コム3

 

【第2ステージ】釣り座No.5

【竿】12→7

【上バリ】コム3

【下バリ】コム3

     他は第1ステージと同じ


■3位:中道将浩

PB120057

【第1ステージ】 釣り座No.30

【竿】 15

【ウキ】 Nakamichi作(全長25cm/ トップ9cm/ボディ11cm

【道糸】 0.5

【ハリス・上バリ用】 0.25号/35cm

【ハリス・下バリ用】 0.25号/41cm

【上バリ】 2

【下バリ】 2

【エサの配合】 Gうどん+池のペレット

 

【第2ステージ】釣り座No.30

【竿】11

【ウキ】Nakamichi作(全長23cm/ トップ8cm/ボディ10cm

※他は第1ステージと同じ

 

2011年11月16日 09:02