日本ヘラブナクラブ

ホームNHCトーナメント > 大会開催要項・競技ルール

マナーに関する注意事項

  • 釣り座を移動する場合は、次の釣り座が近い場合を除き一旦竿は仕舞うこと。
  • 桟橋を静かに移動すること。
  • 他の釣り人に迷惑をかけない。
  • アルコール類の持ち込み禁止。

NHC日本へらぶなクラブ規定

  • NHCトーナメント出場選手はスポーツマンシップに従い、公明、公平に競技を行ない、安全を第一とし、よりよい人格者であること。
  • 社会秩序を守り、開催される会場および各々の大会の規定に従うこと。
  • トーナメント中の事故、傷害、盗難等については参加者個人の責任とし、主催者およびスポンサー、所属チーム等に対して一切責任を問わないものとする。また、NHC登録選手はトーナメント以外においてもすべての行動の責任を個人が負うものとし、重大な事故や傷害でない限りトラブルが発生した場合は個人で円滑に処理すること。
  • 競技規定は、必要に応じて予告なく変更することがある。
  • 競技規定、審査規定に違反する行為の裁決は、すべて大会委員長の判断に委ねる。
  • NHCへらぶなトーナメントへの出場資格は、NHC日本へらぶなクラブ会員に限る。

NHC競技ルール

  • 1日2ステージ制(1ステージ3時間)。
  • 1ステージごとに1人5匹までの総重量で検量する。  
  • フラシに入れた魚は入れかえできない。規定匹数を越えてフラシに魚を入れた場合は失格。タマにキープするのも禁止。
  • 魚を計量するハカリを使用してもよいが、魚には直接触れず、タマに入れたままの状態で量らなければならない。
  • 魚を取り込むときは、魚の口を完全に水面より上へ出し、左右隣の選手にハリ掛かりの位置を確認してもらってからタマに入れる。 口の内側以外に掛かっている場合はスレ掛かりと見なし、キープしてはならない。
  • リリースしようとした魚がフラシに入った場合は、フラシに入っている一番大きな魚をリリースしなければならない。
  • シカケ・サオの長さ・エサの種類は釣り場の規定に従う。ハリ数は2本までとする。
  • 魚はできるだけ手でつかまず、魚にダメージを与えないこと。
  • 競技開始前のエサ打ちは禁止(準備はOK)。エサのバラケ具合をチェックする場合は容器の中で行う。
  • 競技終了の合図があったときにハリ掛かりしている魚は有効とする。
  • その他、詳細は当日発表。

成績集計・審査規定

  • 順位審査
    • 第1、第2ステージの重量を合算して順位を決定する。
      ※ トータル重量が同じ場合はランキングが高い選手を上位とする。
  • 年間成績
    • 各大会ごとの順位を規定の方法にて得点に換算し、シリーズ全大会の得点を合算して年間成績を決定する。
    • 各大会ごとの得点 :1位50P・2位49P・3位48P……40位11P・・・・以下全選手5P。
    • ※ 順位が1つ下がるごとに得点も1P少なくなる。
      ※ トータル得点が同じ場合は、年間トータル重量が重い選手を上位とする。 さらに年間トータル重量も同じ場合はランキングが高い選手を上位とする。